コンテンツ

イベントアルバム2017年1月

公開日 2017年01月31日

ここでは、科学館で行われた工作・実験教室や天体観察会などのイベントの写真を紹介していきます。

2017年1月

科学工作教室「とんぼ玉を作ろう」を開催しました(1月28日・29日)

ガラスを溶かして棒に巻き付け整形し、自分だけのとんぼ玉を作りました。普段滅多にできない体験だけに、参加者は皆真剣に取り組んでいました。

初日はとんぼ玉作りに慣れるところからはじめ、2日目にはできたとんぼ玉に模様をつけました。できあがったとんぼ玉にはひもを通し、世界に一つのアクセサリーが完成しました。

科学工作教室「とんぼ玉を作ろう」

作り方を教えてもらいました。

科学工作教室「とんぼ玉を作ろう」2

何色のとんぼ玉にしようかな。

科学工作教室「とんぼ玉を作ろう」3

ガラスはヘラを使って丸く成形しました。

科学工作教室「とんぼ玉を作ろう」4

火を使うので、慎重に、慎重に・・・。

科学工作教室「とんぼ玉を作ろう」5

根気のいる作業です。

科学工作教室「とんぼ玉を作ろう」6

完全に冷めたら、棒を取り外して完成。

かんたん工作教室「まが玉を作ろう」を開催しました(1月21日)

石を削ってオリジナルのまが玉を作る教室を開催しました。石を思った形に削ることは難しかったですが、丁寧な作業で無事に作り上げることができました。

水で洗いながら更に磨き、きれいなまが玉の完成です。みんな満足げに完成品を持ち帰りました。

かんたん工作教室「まが玉を作ろう」

きれいにできあがるかな。

かんたん工作教室「まが玉を作ろう」2

ひもを通せば完成です。

天体観察会「クーデの日」を開催しました(1月7日)

新年最初のクーデの日は60人を超える人が参加してくれました。今回は月のほかに金星、火星、オリオン大星雲を観察しました。天気の状況で、天体は多少ぼやけて見えましたが、望遠鏡をとおして見える迫力ある星の世界を楽しむことができました。

天体観察会「クーデの日」

寒空のもと、たくさんの人でにぎわいました。

天体観察会「クーデの日」2

この望遠鏡では何が見えるかな。

天体観察会「クーデの日」3

テラスでも金星を観察しました。

天体観察会「クーデの日」4

今回はクレーターなどのお話が聞けました。

天体観察会「ま昼の星を見よう」を開催しました(1月7日)

ま昼に見える星を、望遠鏡を使って見ました。太陽と金星を見ましたが、この日は晴れていたのでとてもきれいに観察できました。

冬休み期間中のため、定員がすぐに埋まりました。望遠鏡で見た太陽は、黒点がありませんでしたが、普段は見られない太陽を観察できたということで、皆さん喜んでくれました。

天体観察会「ま昼の星を見よう」

太陽ってどんな様子で見えるのかな。

天体観察会「ま昼の星を見よう」2

早速太陽を見てみました。

天体観察会「ま昼の星を見よう」3

太陽を直接見たらどうなるのか、
実験をしました。

天体観察会「ま昼の星を見よう」4

写真を撮ることもチャレンジです。

このページの先頭へ

お問い合わせ

教育部 子ども科学館