コンテンツ

イベントアルバム2017年12月

公開日 2017年12月24日

ここでは、科学館で行われた工作・実験教室や天体観察会などのイベントの写真を紹介していきます。

2017年12月

かんたん工作教室「葉脈しおりを作ろう」を開催しました(12月23日)

葉っぱの葉肉を薬品で溶かし、葉脈だけの姿にしたものでしおりを作りました。

作業は根気のいるものでしたが、皆楽しそうに工作をしていました。

かんたん工作教室「葉脈しおりを作ろう」

葉っぱを薬品につけて、
葉肉を溶かしていきます。

かんたん工作教室「葉脈しおりを作ろう」

葉っぱが柔らかくなったところで、
歯ブラシで叩いて葉肉をはがしていきます。

かんたん工作教室「葉脈しおりを作ろう」

ひたすらトントン、トントン。

かんたん工作教室「葉脈しおりを作ろう」

だんだんと葉脈の姿が見えてきました。

プラネタリウム特別企画「クリスマスほしぞらコンサート」を開催しました(12月16日)

星空解説とチェロとバイオリンの生演奏によるコンサートを開催しました。イルミネーションや光の効果を盛り込んだ映像にのせて、クリスマスソングはもちろん、映画の劇中歌など馴染みのある曲たちを演奏しました。星空解説はコンサート当日と、イブの夜に見える星座を解説。和やかな楽しいムードに包まれました。

クリスマスほしぞらコンサート

満員御礼のイベントとなりました。

クリスマスほしぞらコンサート2

いよいよコンサートの始まりです。

クリスマスほしぞらコンサート3

演奏の合間には星空解説も行いました。

クリスマスほしぞらコンサート4

映像と音楽の融合にうっとり。

クリスマスほしぞらコンサート5

星空をバックにしたコンサートは、
プラネタリウムならではの演出。

クリスマスほしぞらコンサート6

とても素敵な演奏でした。

中学生によるロボットフェスティバルを開催しました(12月10日)

市内4中学の科学部によるロボットの実演と、操縦体験をできるイベントを開催しました。夏に行ったロボットフェスティバルに引き続き、たくさんのお客さんに楽しんでもらえました。

当日は中学生が順番に自分たちの成果を発表したほか、ヤマテック株式会社から「ペッパー」もやってきました。

ロボットフェスティバル 山王中学校

山王中学校の様子。

ロボットフェスティバル 山王中学校2

山王中学校の様子その2。

ロボットフェスティバル 成瀬中学校

成瀬中学校の様子。

ロボットフェスティバル 成瀬中学校

成瀬中学校の様子その2。

ロボットフェスティバル 伊勢原中学校

伊勢原中学校の様子。

ロボットフェスティバル 伊勢原中学校2

伊勢原中学校の様子その2。

ロボットフェスティバル 中沢中学校

中沢中学校の様子。

ロボットフェスティバル 中沢中学校2

中沢中学校の様子その2。

ロボットフェスティバル ヤマテック

ヤマテック株式会社による
ペッパーの体験。

ロボットフェスティバル ヤマテック2

遊び方も教えてもらいました。

ロボットフェスティバル 支援会員

科学館支援会員による、
コイルを使った電気おもちゃの体験。

ロボットフェスティバル 支援会員2

たくさんの子が遊んでいました。

科学工作教室「七宝焼きを体験しよう 入門編」を開催しました(12月9日)

オリジナルの七宝焼きをデザインしてキーホルダーを作る教室を開催しました。とても人気の教室で、定員15人の申込みがあっという間に埋まってしまいました。

七宝焼きがどういうものか、どうやってできるのか仕組みを学びつつ、皆楽しそうに作業していました。

科学工作教室「七宝焼きを作ろう 入門編」

細かい作業もお手の物。

科学工作教室「七宝焼きを作ろう 入門編」2

飾り付けは特に真剣です。

科学工作教室「わくわく電気自動車体験!」を開催しました(12月2日)

日産自動車(株)にご協力いただき、自動車の教室を開催しました。最初に環境問題などの話を聞いた後、外に出て車の死角を体験したり実際に電気自動車に乗ったりしました。

参加者の中には電気自動車の試乗体験や、自動車庫入れの様子をじっくりと見ている子もいました。

科学工作教室「わくわく電気自動車体験!」

温室効果ガスってどんなものだろう。

科学工作教室「わくわく電気自動車体験!」2

興味津々で運転席に乗り込みます。

科学工作教室「わくわく電気自動車体験!」3

試乗体験の様子。
電気自動車の加速を実体験しました。

科学工作教室「わくわく電気自動車体験!」4

車の死角に隠れてみよう。

科学工作教室「わくわく電気自動車体験!」5

車のペーパークラフトに挑戦。

科学工作教室「わくわく電気自動車体験!」6

細かい工程も、
教えてもらいながらがんばりました。

このページの先頭へ

お問い合わせ

教育部 子ども科学館