記者会見

公開日 2014年11月27日

最終更新日 2014年11月27日

平成26年11月定例記者会見

11月会見

とき
平成26年11月27日(木曜日)  午後2時30分~3時25分
ところ
伊勢原市役所4階 政策会議室
出席者
報道関係5社:朝日新聞、毎日新聞、神奈川新聞、東京新聞、時事通信社
市側:市長、両副市長、企画部長、農業振興課長、広報広聴課長ほか

情報内容提供

11月記者会見資料[PDF:420KB]

  1. 平成27年度予算編成方針
  2. 市議会12月定例会
  3. かながわの名産100選「おおやま菜漬」
  4. 大山へもみじを植樹
  5. ぬいぐるみ図書館員
  6. 年末年始の行事

市長説明要旨

大山の紅葉については、ライトアップを前に各紙にご掲載いただいたおかげで、連日、多くの観光客の皆さまにお越しいただいている。特に23日の日曜日は、三連休の中日で天気もよく、紅葉もちょうど見ごろとあって、多くの方においでいただいた。このため、通常は午後8時までの大山ケーブルの運行を午後9時20分まで延長したとの報告を受けている。15日から24日まで、10日間のライトアップ期間中、大山ケーブルの乗車人数は、約6万5千人と、昨年の同期間に比べ、約5%増加した。皆さまのご協力に、大変感謝申し上げる。

先般のゆるキャラグランプリにおいては、各社の皆さまに報道していただいたおかげで、初出場ながら、ご当地キャラクター部門で27位、総合順位で31位を獲得することができた。ゆるキャラグランプリへの参加を通じて、市民意識や郷土愛が醸成され、地域外に対しても伊勢原市の知名度を向上させることができたのではないかと思う。これからも地域の活性化に向け、市公式イメージキャラクター クルリンの活用を図ってまいりたい。今後ともよろしくお願い申し上げる。
 なお、すでに情報提供をさせていただいたところであるが、このたび市役所に併設している食堂を民営化し、リニューアルオープンした。第四次行財政改革推進計画の中で、財源確保の取り組みの一つに位置づけ、行政財産の有償()貸付()方式による民営化に取り組んできた。これまで「職員食堂」としての意味合いが強かった同施設を、一般の方々にも広くご利用頂けるよう、営業時間が拡大され、モーニングタイムや居酒屋タイムも設けられている。また、地産地消を意識したメニューも提供されている。こちらについてもご紹介いただければありがたい。どうぞよろしくお願い申し上げる。

  1. 平成27年度予算編成について

    平成27年度当初予算は、10月24日に予算編成方針を各部長に示達し、全課長にもその内容を示して、現在、予算編成作業を行っているところであるが、予算編成方針の概要について、ご説明する。
     「本市の財政状況」についてであるが、平成27年度の財政見通しでは、歳入面では、市税については法人市民税の税率引き下げや固定資産税の評価替えなどにより減収が見込まれることから増加を見込むことができず、歳出面においては、社会保障経費等や中期戦略事業プランに掲げている事業費が増加するため、多額の財源不足が見込まれ、平成27年度予算編成に向けた本市の財政状況は引き続き厳しいとしている。
     次に「予算編成の基本的な考え方」であるが、平成27年度予算編成においては、極めて厳しい財政状況のもとではあるが、中期戦略事業プランに掲げる事業を着実に推進するとともに、市民サービスの維持・向上や直面する諸課題に的確に対応しなければならない。このため、創意と工夫等により、歳入については、一層の歳入確保に努め、歳出については、経常的経費、臨時的経費を問わず徹底した見直しを行って、経費の縮減を図ることにより財源を確保し、財源不足を解消するとともに、新たな事業や既存事業を充実するために効果的・効率的に活用することとしている。
     なお、平成27年度予算編成においては、義務的経費等、特定の経費以外の経費について、一般財源ベースの予算要求基準を設定し、各部署は、その範囲内で予算要求を行うこととしている。

  2. 市議会12月定例会について

    11月28日に招集する予定の、市議会12月定例会へ現時点において提出を予定している議案18件および報告4件の合計22件について、その概要をご説明申し上げる。
     まず「承認」1議案について、ご説明する。「平成26年度伊勢原市一般会計補正予算第4号」は、このたびの衆議院解散に伴い、衆議院議員総選挙が執行されることとなったため、所要の経費を計上するもので、緊急を要するため、地方自治法の規定に基づいて、11月19日に専決処分をしたものである。
    次に「条例の制定」2議案について、ご説明申し上げる。「伊勢原市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例」については、市長への届出事業となる「放課後児童健全育成事業」について、設備及び運営に関する基準を定めるものである。「伊勢原市教育・保育給付に係る利用者負担額に関する条例」については、「認定こども園」、「幼稚園」及び「私立保育所」等を利用する際の「利用者負担額の上限額」を定めるものである。
     次に「条例の一部改正」10議案について、ご説明申し上げる。「伊勢原市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例」については、人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定等を踏まえて本市職員の給与の額を改定するとともに、特別職員及び議員の期末手当の額を改定するものである。「伊勢原市手数料条例の一部を改正する条例」については「住居表示台帳等の閲覧及び交付」に関して、新たに手数料を徴収するため、所要の改正を行うものである。
    「伊勢原市自転車等の放置防止に関する条例の一部を改正する条例」については、市が移動及び保管した放置自転車等を、所有者に返還する際に、所有者が納付する費用の額の改正を行うものである。「伊勢原シティプラザの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」については、「伊勢原市休日夜間診療所」が「伊勢原市休日夜間急患診療所」に名称変更されたことに伴い、所要の改正を行うものである。「伊勢原市障害者福祉手当支給条例の一部を改正する条例」については、支給対象者を特定するための基準日及び支給期間等について、必要な事項を条例に規定するものである。「伊勢原市心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例」については、所得制限を導入するとともに、「精神障害者保健福祉手帳1級該当者」を新たに対象とするなど、所要の改正を行うものである。「伊勢原市児童コミュニティクラブに関する条例の一部を改正する条例」については、児童コミュニティクラブの利用対象年齢を「小学4年生まで」から「小学6年生まで」に拡大するほか、開所時間の延長など、所要の改正を行うものである。「伊勢原市保育所条例の一部を改正する条例」については、公立保育所における「保育の実施基準」のほか「保育料の徴収根拠」等を定めるなど、所要の改正を行うものである。「伊勢原市火災予防条例の一部を改正する条例」については、祭礼や花火大会等のうち、大規模なもの等として指定した催しを主催する者に対して、「防火担当者の選任」、「火災予防上必要な業務の計画の作成」等を義務付けるものである。「伊勢原市附属機関に関する条例の一部を改正する条例」については、「伊勢原市いじめ問題専門調査会」及び「伊勢原市いじめ問題再調査会」を設置するため所要の改正を行うものである。
     次に「補正予算」5議案についてご説明申し上げる。1件目の「平成26年度伊勢原市一般会計補正予算第5号」は、利用者の増等に伴う「障害者自立支援給付費」及び「障害児通所支援事業費」などの追加、来年4月に実施される「県知事・県議会議員選挙及び市議会議員選挙執行費」の平成26年度所要額等の計上、給与条例の改正に伴う職員人件費の増額などを行うものである。次に2件目から5件目の特別会計の補正予算は、給与条例の改正に伴う職員人件費の増額などを行うものである。
     次に「報告案件」4件についてご説明申し上げる。この4件については、いずれも「地方自治法」に基づき、専決処分をしたので、議会に報告するものである。1件目の「伊勢原市障害福祉センターに関する条例の一部を改正する条例」は、「児童福祉法」の一部改正に伴い「伊勢原市障害福祉センターに関する条例」中に引用する条項を整理したものである。2件目から4件目の専決処分の報告については「9月3日に発生した清掃車による建物損傷事故」、「9月4日に発生した公用車による物損事故」、「6月15日に発生した市道陥没による車両損傷事故」の3件について、損害賠償の額の決定及び和解を行ったものである。

  3. かながわの名産100選「おおやま菜漬」

    伊勢原の冬の風物詩である「おおやま菜漬」の漬け込みと販売が12月上旬から始まる。大山山麓の清涼な気候と、排水良好な土壌で栽培される大山菜は、江戸時代から「おおっ葉」「子易菜」と呼ばれ、保存食として地元だけでなく先導師旅館の宿泊者にも食されてきた。在来のカラシナの一種で、大山の風土に合わせ、寒さに強く、葉はやわらかい品種に改良されている。ピリッとした特有の辛みがあるが、単なる塩漬けでは辛みが出ず、塩でもんで刺激を与えることで風味良く漬かる。保存料などの添加物は一切使用せず、手作業で一つずつ塩漬けされ、まさにふるさとの味として、伊勢原市の推奨観光みやげ品にも指定されている。
     「おおやま菜漬」は、12月から2月ごろまでJAいせはら大山支所などで販売する。販売に先がけ、大山菜の漬け込み作業が12月上旬に行われるので、取材についてよろしくお願い申し上げる。

4~6のイベント情報などは、広報広聴課長から説明

ページトップへ

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711 (内線:4151・4152・4153)
FAX:0463-93-2689

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード