写真日記 平成27年5月

公開日 2015年05月08日

最終更新日 2015年06月03日

過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

平成27年5月

5月31日(日曜日)第23回スポーツ・レクリエーション大会総合開会式

スポレク大会総合開会式

市レクリエーション協会が主催する第23回スポーツ・レクリエーション大会の総合開会式が市体育館で開催されました。近年、本格的な少子高齢化が進展し、健康づくりや生きがいづくりの意識が高まっており、スポーツ・レクリエーションの果たす役割は大きくなっています。多くの市民が、スポーツ・レクリエーションに親しむことは、健康の維持増進、生活習慣病の予防、高齢者の社会参加など、健やかに生き生きと暮らせるまちづくりにつながります。引き続き、市民のスポーツ・レクリエーション活動の普及・発展に、ご尽力をお願いします。

5月30日(土曜日)第23回河川クリーン作戦

河川クリーン作戦1
暑い中ありがとうございました
河川クリーン作戦2
参加企業の皆さん

第23回河川クリーン作戦が開催されました。この河川クリーン作戦は、川辺の自然を守り、自然環境のあるがままの姿を大切に守りながら次世代に引継いでいき、また、美化清掃活動を通じて社会貢献と自然環境学習の機会となる取り組みです。主催いただいた伊勢原地区環境保全連絡協議会の皆さんには、河川クリーン作戦をはじめ、日頃から、事業所向けの省エネルギーセミナーなど、環境啓発イベントへのご協力や地域における環境保全活動に多大なご尽力をいただいています。子どもたちに、より良い環境を残していくために、引き続き、環境行政へのご協力をお願いします。

5月29日(金曜日)国道246号バイパス建設促進協議会委員会

国道246号バイパス建設促進協議会

国道246号バイパス建設促進協議会委員会を開催しました。当協議会は、国道246号バイパスの整備促進を図るため、伊勢原市、秦野市、厚木市の参画により、昭和55年4月に設立したものです。国道246号バイパスは、新東名高速道路やさがみ縦貫道路を結びつつ、東名高速道路などと連絡する広域的な幹線道路として地域の発展や災害時のセーフティーネットの構築、深刻な国道246号の渋滞緩和に寄与する道路です。現在、計画延長29.1キロ中、13.6キロが事業化されています。引き続き、早期全線事業化、事業促進、早期供用開始に向けて様々な活動に取り組んでまいります。

5月28日(木曜日)こども手帳寄贈

こども手帳寄贈

公益財団法人日本公衆電話会伊勢原支部(支部会長:重田勝美 氏)から「こども手帳」のご寄付をいただきました。「こども手帳」には、交通事故、事件・犯罪等から児童が自分の体や命を自分で守る方法だけでなく、人助けやエコの心得など、大人になるための大切な心がけが掲載されています。子どもの安全・安心は、私たち大人の大事な努めではありますが、子どもたちも自分の身は自分で守るという意識を持つことが重要です。ご寄付いただいた「こども手帳」は、授業の教材として、あるいは家庭での教育に有効に活用させていただきます。

5月26日(火曜日)春季市政現況説明会

現況説明会1
 
現況説明会2
 

春季市政現況説明会を市民文化会館小ホールで開催しました。この説明会は、住民自治組織の代表である自治会長を対象に、市政運営等についての説明を行い、行政と市民との相互信頼を高めるために、毎年、自治会連合会総会に引き続き開催しているものです。今年は「伊勢原の未来」をテーマに、新東名高速道路と国道246号バイパス、東部第二土地区画整理事業、大山ケーブルカーの更新、日向薬師 平成の大修理、県立伊勢原射撃場などについて講演を行いました。今後とも行政と地域住民とのパートナーシップの推進に、お力をお貸しいただくとともに、皆さんの声を市政に反映してまいります。

5月23日(土曜日)第7回愛甲石田駅南口ロータリー ふれあい祭

愛甲石田駅南口ふれあい祭

「第7回愛甲石田駅南口ロータリーふれあい祭」が開催されました。会場では、地域の団体や学校などによる展示・発表、模擬店などが出店され、子どもから高齢者まで三世代が交流できる「手づくり」のイベントになりました。この「ふれあい祭」を主催していただいた成瀬地区活性化委員会の皆さまには、愛甲石田駅前の草刈りや清掃など、成瀬地域の活性化にご尽力をいただいています。引き続き、地域の活性化や安全・安心な地域づくりにご協力をお願いします。

5月20日(水曜日)まちづくり市民ファンド寄贈

市民ファンド寄贈

湘南芸術協会(会長:大河寬恵 氏)より、まちづくり市民ファンドにご寄附をいただきました。ご協力いただいた寄附金は「しあわせ創造都市 いせはら」の実現に向け、各種施策の推進や充実を図るため有効に活用してまいります。

5月19日(火曜日) 林野庁長官感謝状受賞者表敬訪問

市有害鳥獣対策協議会大山地区 林野庁長官感謝状受賞報告

大山地区有害鳥獣対策協議会(会長:松本新一 氏)が、第69回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」野生生物保護功労者表彰式で、林野庁長官感謝状を受賞し、その報告に来ていただきました。大山地区有害鳥獣対策協議会は、市内で出没しているツキノワグマの保護と人身被害を防止するため、組織的な追い払いやヤブの刈払いなど、人間とツキノワグマの住み分けと共存ができる環境づくりを推進しています。引き続き、野生生物出没調査や野生生物の保護など、有害鳥獣対策にご尽力をお願いします。

5月18日(月曜日)伊勢原市総合教育会議

総合教育会議

地方教育行政法が改正されたことを受け、新たに市長と教育委員が協議・調整する「伊勢原市総合教育会議」を開催しました。その中で、総合教育会議の運営要綱を定め、教育大綱を協議したほか、子どもの抱えるさまざまな課題に対する支援や歴史・文化遺産の有効活用について積極的な議論がなされました。教育は人をつくり、人づくりはまちづくりにつながります。子どもたちが郷土に愛着と誇りを持てる教育を目指してまいります。

5月17日(日曜日)大山ケーブルカー ラストランセレモニー

大山ケーブルカー ラストランセレモニー

大山ケーブルカーの旧型車両のラストラン・セレモニーが、大山ケーブル駅で行われました。半世紀にわたり大山観光や参詣の足として延べ約2,500万人が利用した赤と緑のケーブルカーの引退は名残惜しいものがあります。5月18 日から9月30日まで、車両のリニューアルなど大規模な設備工事が行われ、この間、大山ケーブルカーは運休となりますが、伊勢原市では、関係機関と連携しながら特別イベントを企画・実施してまいります。「50年に一度の夏 粋な、大山。」へぜひお越しください。

5月15日(金曜日)チャレンジデー総決起集会

参加率50%を目指します
参加率50%を目指します
健康寿命日本一を目指して がんばるぞ~!
健康寿命日本一を目指して がんばるぞ~!

5月27日(水曜日)に開催される「チャレンジデー2015」に向け、黒岩知事をはじめ、県内参加自治体首長が一堂に会し、総決起集会が神奈川県庁で開催されました。全国的なスポーツイベントである「チャレンジデー2015」は、県内から3市7町が参加します。どの市町も気合い十分で、高い目標を掲げ、運動のきっかけづくりや継続して運動やスポーツを続けられるイベントを計画しています。本市でも、市総合運動公園を中心に様々な事業を実施します。市民総参加で勝利に向けて頑張りましょう。

5月12日(火曜日)災害時における福祉避難所としての施設使用等に関する協定締結式

h270512_ph2

「ほほえみの丘」、「ききょう苑」にご協力いただき、「災害時における福祉避難所としての施設使用等に関する協定」を締結しました。本市では、災害時に一般の避難所では避難生活に支障をきたすおそれのある、特別な配慮が必要な高齢者等を受け入れる福祉避難所の確保に向け、高齢者施設等と使用等に関する協定を計画的に進めています。今後も皆さまのご理解とご協力をいただきながら、災害にも安心できるまちづくりを進めてまいります。

5月12日(火曜日)相模川西部土地改良区通水式

相模川西部土地改良区通水式

厚木市内で昭和用水(西部用水)の通水式が行われました。西部用水は、伊勢原や厚木、平塚の農業に欠かすことのできない重要な水路です。シーズンを通じて安定した給水が行われるよう祈願し水門を開放しました。本市では、「第5次総合計画」において「地域とつなげる都市農業・森林づくりの推進」を施策の一つに位置づけています。都市近郊の利点を生かす都市農業を推進するため、農業生産基盤整備の着実な推進を図り、生産性の向上、農業経営の安定や、良好な自然環境の持続的発展のために、今後も力を注いでまいります。今年度も良好な通水によって、実り多き年となるよう願っています。

5月11日(月曜日)自転車マナーアップキャンペーン

h270511_ph1

5月1日から31日までの1ヶ月間を「九都県市一斉自転車マナーアップ強化月間」と定め、この期間中、一斉にキャンペーンを実施しています。これは、九都県市で構成する「首都圏自転車安全利用対策協議会」が、自転車の安全利用を促進する共同の取組として実施するものです。本市でも、市立武道館入口交差点周辺で自転車マナーアップキャンペーン行い、警察署や交通安全協会など関係者の皆さんと一緒に、啓発グッズやチラシを配布し、自転車の安全利用や交通ルールの遵守を呼び掛けました。自転車に乗るときに交通事故の加害者・被害者にならないようにルール遵守の気持ちを高め、自転車の安全利用を心がけましょう。

5月9日(木曜日)第24回公園緑花まつり

h270509_ph3
開会式
h270509_ph2
フリーマーケット

花と緑の祭典「第24回公園緑花まつり」が、市総合運動公園で開催され多くの来場者で賑わいました。会場では、緑や花にちなんだ催しをはじめ、環境やリサイクルなどに関する展示やイベントも数多く実施されました。また、今年も県立伊勢原高校の生徒さんのボランティア、日産自動車(株)には、音響設備の電源として電気自動車のご提供をいただくなど、多くの団体・企業の皆さまにご支援・ご協力をいただきました。伊勢原市は、大山をはじめとする豊かな自然環境に恵まれた都市です。今後も、市民の皆さまのお力添えをいただき、自然あふれる住みよいまちづくりに取り組んでまいります。

5月9日(土曜日)紀の国わかやま国体クレー射撃競技リハーサル大会

h270509_ph1

平成27年度春季本部公式大会(兼)紀の国わかやま国体クレー射撃競技リハーサル大会が、全国各地より多くの選手、競技関係者の参加の下、県立伊勢原射撃場で開催されました。今年の10月2日から4日には、「2015紀の国わかやま国体クレー射撃競技会」が本市で開催されることになっており、和歌山県及び競技団体とともに開催に向け準備を進めているところです。このような大きな大会を契機に、射撃競技への関心・意欲を高めるとともに、地域の活性化につながることを期待しています。

5月7日(木曜日)チャレンジデー2015エール交換

h270507_ph1

チャレンジデー2015の対戦相手となる山形県鶴岡市の榎本政規市長と、テレビ電話を使用してエール交換を行いました。チャレンジデーは、住民の運動習慣の向上を図ることを目的に、同日15分間以上続けて運動、スポーツをした住民参加率を人口規模の同じ自治体同士で競うものです。今年は全国から130自治体が参加し、5月27日(水)に開催されます。当日は、市総合運動公園を中心に「すこやかリズム体操」や「ウオーキング事業」、スポーツ推進委員や総合型地域スポーツクラブの協力で、ニュースポーツやエクササイズ事業などを実施します。また、市内の各小中学校では、地域の皆さんも参加できるような事業を実施し、子どもたちと一緒に参加して楽しんでもらえる企画を予定しています。市民の運動習慣や生活習慣病の予防、健康寿命の延伸に繋がるよう、多くの皆さんの参加をお願いします。

5月4日(月曜日:みどりの日)子ども科学館フェスティバル2015

子ども科学館フェスティバル

今年も、ゴールデンウイークに合わせて「子ども科学館フェスティバル2015」が開催されました。真昼の星の観察やソーラークッカー体験、まが玉づくり、サイエンスショーなど、子どもたちと一緒に、楽しみながら科学の不思議を体験することができました。

5月4日(月曜日:みどりの日)座間市大凧まつり

90連掲揚に参加
90連掲揚に参加
開会式でのあいさつ
開会式でのあいさつ
見事に舞い上がりました
見事に舞い上がりました
皆さんせみ凧揚げを楽しみました
皆さんせみ凧揚げを楽しみました

五月晴れとなった5月4日、相模川グラウンドで行われた座間市の伝統行事「大凧まつり」に参加しました。

楽天会の皆さんと伊勢原市の伝統せみ凧揚げの90連掲揚に挑戦しました。強風の吹くコンディションでしたが、見事に成功し、皆さんから歓声や拍手があがりました。

せみ凧揚げの貸し出しも行われ、多くの家族連れの皆さんがせみ凧揚げを楽しんでいました。

5月3日(日曜日:憲法記念日)ひじり峰祭り

ひじり峰祭り
聖峰山頂にて
ひじり峰祭り2
聖峰山頂からの景観

五月晴れの中、聖峰山頂において「ひじり峰祭り」が開催されました。相模湾や都心の景色を眺めながら、美味しい空気と自然にふれ、すがすがしい新緑を満喫することができました。この祭りを主催いただいた「ひじり峰祭り実行委員会」の皆さまには、毎年、趣向を凝らした企画運営などで、地域に活気をもたらし、元気なまちづくりに貢献いただいております。伊勢原の恵まれた自然環境や豊かな歴史的資産を守り、地域振興や観光振興に、引き続きご尽力をお願いします。