平成27年7月市長定例記者会見

公開日 2015年07月24日

最終更新日 2015年07月24日

平成27年7月市長記者会見
とき
平成27年7月22日(水曜日)  午前11時10分~11時45分
ところ
伊勢原市役所4階 政策会議室
出席者
報道機関:朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、神奈川新聞
市側:市長、両副市長、企画部長、総務部長、経済環境部長、防災担当部長、市民協働課長、広報広聴課長ほか

内容

  1. 伊勢原協同病院との災害時粉ミルク調達協定について
  2. 第29回平和のつどいについて
  3. 市公式イメージキャラクター クルリンのゆるキャラグランプリ2015参加について
  4. 夏休み子ども科学館の催し~ロボットフェア~
  5. 大山夏のイベント
  6. ブドウ、ナシのもぎとり

記者会見資料[PDF:6MB]

市長発表要旨

  1. 伊勢原協同病院との災害時粉ミルク調達協定について
    大規模災害の切迫性が指摘される中、伊勢原協同病院との間で、乳児用の粉ミルクの備蓄・調達を内容とする協力協定を締結します。市ではこれまで、購入した粉ミルクを市の防災備蓄倉庫に保管し、消費期限が到来すると廃棄・更新していましたが、本協定により、こうしたロスがなくなり、必要時にいつでも病院内で安全に使用・管理されている粉ミルクの調達が受けられるようになります。市では災害時の円滑な応急対策を確保するため、これまで避難施設、土木建築、医療救護などの分野において、65の事業者等と35件の災害時の協力協定を結んでいます。恵まれた医療資源を活用し、東海大学医学部付属病院とも平成18年に「災害時における医薬品の供給に関する協定」も結んでいるところです。自然災害の脅威が増す中、市民の生命、身体、財産を守るため、今後とも地域の関係機関の協力をいただきながら、さらなる災害対応力の向上を図ってまいります。なお、本協定の調印式につきましては、今月29日に伊勢原協同病院で行います。県が指定する災害協力病院との間で、粉ミルクを対象とする流通備蓄協定の締結は、県内でも最初の取組と承知しておりますので、取材につきまして、よろしくお願いします。
     
  2. 第29回平和のつどいについて
     8月23日に29回目となる「平和のつどい」を開催します。今年度は、「中学生平和作文表彰式」や「中学生ヒロシマ平和の旅体験発表」といった例年のプログラムに加え、“戦後70年平和祈念事業”として「戦争体験インタビューの上映」や「平和史料展」を開催します。「戦争体験インタビューの上映」は、東海大学文学部広報メディア学科に協力いただき、学生がインタビュアーとなり、編集を行いました。「平和史料展」では、戦争当時の生活を伝える軍服や日用品、子ども向け雑誌などの展示を予定しています。また、市遺族会による映画会などの関連イベントも開催する予定です。今年は戦後70年の節目の年であり、多くの皆さんに参加いただきたいと考えています。開催の周知につきまして、ご協力をよろしくお願いします。。
     
  3. 市公式イメージキャラクター クルリンのゆるキャラグランプリ2015参加について
    市シティプロモーションの一環として、昨年に続き、市公式イメージキャラクター クルリンの「ゆるキャラグランプリ2015」への参加を決定しました。ゆるキャラグランプリは、自治体や企業におけるキャラクターの中から、投票によって人気キャラクターを決める全国大会です。市としては、グランプリへの参加を通じ、市民、団体、企業等の連帯感や愛郷心を醸成するとともに、地域の活性化、本市の知名度向上を図ることを狙いとしています。インターネット投票は、8月中旬から11月中旬まで、パソコンやスマートフォンから1日1回投票ができます。11月後半には、浜松市において決選投票が行われます。昨年は初参戦ながら、延べ17万人以上から得票をいただき、ご当地キャラクター部門で27位、企業等をあわせた総合で31位という成績を収めることができました。今回は、全国10位以内という、より高い目標を設定し、全庁一丸となって、市内外の様々な場所でPR活動を展開してまいりますので、御支援をお願いします。
     

4~6のイベント情報等は、広報広聴課長から説明

ページトップへ

お問い合わせ

企画部 広報広聴課シティプロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4711(内線:4153・4155)
FAX:0463-93-2689

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード