写真日記 平成28年2月

公開日 2016年02月09日

最終更新日 2016年03月02日

過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

平成28年2月

 

2月27日(土曜日)湘南ベルマーレ開幕戦

ベルマーレ開幕 市長
優勝を目指して頑張ってください
ベルマーレ開幕
ホームタウンの首長らと

2016 J1リーグ・1stが開幕し、湘南ベルマーレの開幕戦(vsアルビレックス新潟)がShonan BMW スタジアム平塚で行われました。 チームが昨シーズンの成績よりさらに上にいけるよう、湘南ベルマーレのホームタウンとして、しっかり応援していきたいと思います。今年も昨シーズンの勢いそのままに、新たな湘南スタイルでの活躍を期待しています。がんばれ!湘南ベルマーレ

2月27日(土曜日)第4回春いろフェスタ

春いろ
オープニングセレモニーにて
春いろフェス 市長
雨岳文庫からの大山

第4回春いろフェスタが、大山街道沿いの雨岳文庫で開会しました。雨岳文庫とは、市内上粕屋にある山口家住宅とその敷地及び、それらを含む2万点近くに及ぶ歴史資料の総称で、山口家住宅は、天保5年頃の建築と推定されており、平成10年には国の登録有形文化財になっています。3月6日(日曜日)まで、梅や菜の花が咲き誇る庭内の無料開放や模擬店の出店など、大人から子どもまで楽しめる様々な催しが行われますので、ぜひ足を運んでみてください。

 

2月26日(金曜日)平成27年度神奈川県果樹立毛共進会等受賞者表敬訪問

h270226_ph2

平成27年度神奈川県果樹立毛共進会の柿部門で、昨年に続き、神奈川県知事賞を受賞された細野真哉さんと、神奈川県果樹組合連合会が決定する、果樹園芸功労賞を受賞された鳥海一郎さん、石井和夫さん、JAいせはら果樹部会を代表して多田光正委員長らが受賞報告にみえました。伊勢原は県内一の生産量を誇る柿の産地です。今後も伊勢原の果樹産業の健全な発展のためにご尽力をお願いします。

2月26日(金曜日)キックボクシング 世界二冠王者の谷山俊樹選手表敬訪問

谷山選手表敬訪問

今月21日、ディファ有明で開催されたWKA世界スーパーライト級王座決定戦で、フィリピンムエタイライト級王者のナタン・ボルシオ選手と対戦し、見事KOで勝利を飾り、キックボクシング(WKA・WBKFスーパーライト級)世界二冠王者に輝いた、谷山俊樹選手(谷山ジム所属)が報告にみえました。谷山選手は、成瀬小学校、中沢中学校出身で現在も市内に居住している「伊勢原っ子」、これまで国内外の多くの試合で活躍し数々のタイトルを獲得しています。これからも真のエースに向かって益々のご活躍を期待するとともに、多くの子どもたちに夢を与えていただきたいと思います。

2月22日(月曜日)水槽付消防ポンプ自動車引渡式

消防車両寄贈1
一般社団法人日本外交協会 池浦理事長と
消防車寄贈2
伊勢原市消防職員らと

水槽付消防ポンプ自動車を一般社団法人日本外交協会へ譲渡しました。この車両は平成12年に本署に配備され、16年間で約700回の出動を果たしました。昨年、窒素酸化物及び粒子状物質の抑制等により、対策地域での運用ができなくなったため用途廃止したもので、日本外交協会を通じて開発途上国(パキスタン)に寄贈される予定となっています。本市で活躍した消防車両が国際協力に貢献でき、パキスタン国民のために活躍できることに喜びを感じています。今後も援助対象国から国際協力団体を通じて要望があれば、援助対象国の消防力の向上や日本の国際貢献に寄与していきたいと考えています。

2月22日(月曜日)災害時における一時滞在施設に関する協定締結式

IMG_1275

災害時における帰宅困難者対策に係る一時滞在施設の使用に関して、伊勢原グリーンパレスホテルを運営する、株式会社アサミホテル様にご協力をいただき、協定の締結式を行いました。未曾有の災害となった東日本大震災の当日、本市では交通機関の運休により多くの帰宅困難者が発生しました。本市に通勤、通学、また観光で訪れる方々への支援対策を充実し、災害時にしっかりと対応していくことが大変重要な課題ですが、民間企業とこうして協力協定を締結できたことは安全・安心のまちづくりに取り組んでいる立場として大変心強く思っているところです。今後も官民が協力し互いの連携を強化し災害への対応に取り組んでまいります。

2月20日(土曜日)公民館まつり

公民館まつり

市内7公民館で公民館まつりが開催されました。公民館まつりは、日頃、公民館を拠点に活動するサークル・団体の活動成果を発表する場として、また、地域のふれあいの場として、年に一度開催しているおまつりです。毎年、全ての公民館まつりに伺っていますが、どの公民館も展示や発表、地域の皆さんによる模擬店などが行われ、たくさんの人で賑わい、地域の活気がまち全体の活性化につながっていることを実感いたします。これを契機に、生涯学習、地域コミュニティの拠点として、多くの皆さんにご利用いただき、更なる地域の活性化につながることを期待しています。

2月19日(金曜日)湘南ベルマーレ選手開幕前表敬訪問

ベルマーレ

今月27日(土曜日)、2016 J1リーグ1stステージが開幕します。山田直輝選手、端戸 仁選手、岡本拓也選手の3選手とスタッフの皆さんが来庁し、今シーズンの意気込みを語ってくれました。昨シーズンのJ1リーグでは総合8位と大健闘され、伊勢原市民一同、大変喜ばしく思っています。ベルマーレの今年のスローガン「挑越」のとおり、挑戦を続けて昨年以上の戦いを見せていただけることを期待しています。多くの皆さんがベルマーレを応援しています。フェアプレー精神を保ちながらも熱いプレーで今年も旋風を巻き起こしてください。

2月19日(金曜日)平塚信用金庫からの図書贈呈式

児童図書寄贈

本日、平塚信用金庫様から図書をご寄贈いただきました。平塚信用金庫様には、平成25年度から毎年、本市の子どもたちが、読書を通じ心を育むことを応援するという目的で、市立図書館に対し児童書などをご寄贈いただております。今年度も、児童書「安全に楽しむ!子どもの山登り」や大型地図絵本「マップス」など、合計34冊の本をご寄贈いただきました。いただいた図書は、市立図書館2階の児童コーナーに昨年開設した「ひらしん文庫」のコーナーに置き、来館する子どもたちへの貸出用として活用させていただきます。ありがとうございました。

2月19日(金曜日)趣味の教室発表会

趣味の教室発表

老人福祉センター阿夫利荘で活動している「趣味の教室」の発表会が市立中央公民館で開催されました。延べ350人の生徒の皆さんが、民謡、民踊、レクダンス、詩吟、茶道、書道、陶芸、手芸、絵手紙で日頃の練習の成果を発表し親睦を図りました。同じ趣味を持った仲間とともに、切磋琢磨しながら技を磨き、一年の集大成を披露する、すばらしい発表会となりました。現在、本格的な少子高齢社会が進展しており、本市においても1月1日現在の高齢化率は24.2%で超高齢化社会を迎えています。これからの高齢化社会では、まず第一に高齢者自らが健康維持や介護予防に関心を持ち、取り組むことが大切です。高齢者の方々が、住み慣れた地域で健康な日々を過ごし、生きがいを持って暮らすことを願っています。

2月18日(木曜日)災害時における福祉避難所としての施設使用等に関する協定書の締結式

h280218_ph1

市内5小規模多機能型居宅介護施設(社会福祉法人松友会、社会福祉法人ウェルエイジ、特定非営利活動法人一期一会)にご協力いただき、災害時における福祉避難所としての施設使用等に関する協定を締結しました。過去の震災の教訓から、特別な配慮が必要な高齢者等の要援護者が安心して生活できるよう、要援護者を受け入れる福祉避難所が必要とされています。本市では、福祉避難所の確保に向けた取組を、第5次総合計画中期戦略事業プランに位置づけ、高齢者施設等と使用等に関する協定締結を計画的に進めているところです。これまで、協定の締結に至った特別養護老人ホーム4施設、介護老人保健施設2施設も含めまして、各施設との連携を強化し災害時への対応に取り組んでまいります。

2月6日(土曜日)第4回“おおやまみち”まちづくりサミットin伊勢原

おおやまみち

「第4回“おおやまみち”まちづくりサミット」を市民文化会館小ホールで開催しました。このサミットは、街道沿線の自治体や大学、企業、市民団体などが一堂に会し、“おおやまみち”の歴史的、文化的価値を共有し、その価値を現代に生かし、さらに次世代へ着実に伝えていく趣旨で開催しています。大山みちは、江戸時代に関東各地から霊峰大山を目指して多くの参詣者が通った歴史街道で、江戸中期には、大山詣りが流行し、関東各地に放射状に広がっていました。現在、多くの自治体が大山みちを、まちづくりのキーワードとして地域振興に取り組んでいますが、このサミットを通じて、街道沿線の自治体・地域が共通認識や市域を超えた交流を深め、地域の活性化、さらには、広域的な観光振興につなげていきたいと考えています。