写真日記 平成28年4月

公開日 2016年04月04日

最終更新日 2016年05月12日

過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

平成28年4月

4月29日 伊勢原平成ロータリークラブ公園奉仕活動

クルリンベンチお披露目1 クルリンベンチお披露目1 

伊勢原平成ロータリークラブから、社会奉仕活動の一環として、八幡台公園へクルリンの石のベンチを寄贈していただきました。

公園奉仕活動は今年で10回目を迎えられ、利用者にも大変好評をいただいております。公園は、緑や憩いの空間を提供するだけでなく、災害時には避難場所など 防災上も重要な役割を持ちます。

伊勢原平成ロータリークラブの皆さまにおかれては、これからも社会奉仕活動にご協力をお願いします。

4月29日 レンゲまつり

 れんげまつり1 れんげまつり2

第10回レンゲまつりが大田地区の土地改良区区域ほ場整備地内で開催されました。

今年も色とりどりの花が咲き揃い、美しい風景の下で盛大に開催されました。まつりを主催していただいた伊勢原市ふるさと大田を守り楽しむ会の皆さんには、日ごろから大田地区における農地や農道・水路などの農業施設の保全管理をはじめ、農業に対する理解を深める取り組みを地域住民の方々と一体となって行っていただいております。

今後とも、農地の持つ多面的な機能を多くの方に理解いただけるよう、ご活躍をお願いします。

4月27日 新採用職員による河川清掃実習

 IMG_6706

今年4月に採用されたフレッシュな市職員14人とともに、鈴川の清掃を行いました。

新採用研修の一環で、現場での実習を通して職員としての使命感や責任感を養い、地域に愛着をもってもらうことを目的として、平成26年度から実施しています。この日は環境美化センター周辺からアクアクリーンセンター周辺までの1.2kmを清掃し、ごみ袋40袋のごみが集まりました。

市職員は、全体の奉仕者であることを常に念頭に置き、現場を知ることが大切です。お互い助け合いながら明るい職場を作ってほしいと思います。

4月25日 日本遺産認定記念セレモニー

 日本遺産認定記念セレモニー

伊勢原市が文化庁に申請した「江戸庶民の信仰と行楽の地~巨大な木太刀を担いで『大山詣り』~」が日本遺産に認定されました。市ではこれを記念し、市役所1階ロビーでセレモニーを開催しました。

今回の認定は、大山・日向を中心に地元の先人が文化を守り続けてくれたおかげです。全国的に認められた伊勢原の魅力を、これからも磨き上げ、後世にバトンタッチしていきます。

4月25日  全国小学生ソフトテニス大会 決勝トーナメント出場選手の市長表敬訪問

 全国小学生ソフトテニス大会 決勝トーナメント出場選手の市長表敬訪問

3月30日(水曜日)・31日(木曜日)に開催された、第15回全国ソフトテニス大会で、男子5年生決勝トーナメントに出場しベスト8に輝いた成瀬小学校6年生の木村奏都さん、男子4年生決勝トーナメント出場を果たした竹園小学校5年生の青木真尋さん、金崎隆之介さんに報告に来ていただきました。

このような素晴らしい成績を収められたのは、普段の練習の賜物だと思います。これからも皆さんのご活躍を期待しています。

4月20日 日本公衆電話会伊勢原支部からのこども手帳贈呈式

 こども手帳贈呈式

本日、公益財団法人日本公衆電話会伊勢原支部から、市内の全小学校5年生を対象に、「こども手帳」820冊を寄贈いただきました。交通事故、事件・犯罪などから身を守る方法や、人助け、エコなど、大人になるための大切な心がけを掲載したものです。

同会は災害時における地域の安全・安心のため、電話が混み合っても繋がりやすい公衆電話をはじめ、さまざまな連絡手段の確保や啓発活動に取り組んでいただいています。

いただいた手帳は、市内の子どもたちの授業の教材として、あるいは家庭での教育に、有効に活用させていただきます。

4月19日 第25回グラウンド・ゴルフ伊勢原大会

 グラウンド・ゴルフ伊勢原大会

第25回グラウンド・ゴルフ伊勢原大会が、総合運動公園で開催されました。晴天の下、県内各所から集まった713人のグラウンド・ゴルフ愛好家の方々による熱いプレーに、大会は大いに盛り上がりました。

伊勢原市では、運動やスポーツ活動を積極的に推進しており、市民の皆さま一人一人がいつまでも元気で健康に日々を過ごせるよう、「健康づくり」を市政運営の柱の1つとして取り組んでいます。

4月17日 第21回桜まつり

 桜まつり

第21回「桜まつり」が大山阿夫利神社社務局で開催されました。主催者である阿夫利睦の皆さまには、伊勢原観光道灌まつりや地元大山の伝統・文化継承、姉妹都市である長野県茅野市との市民交流にもご尽力をいただいています。また、大山桜のハイキングコースや大山古道の整備、参道清掃など、地域活動に多大な貢献をいただいています。

昨年6月には、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに大山が掲載されました。さらに、今年3月26日より、特急ロマンスカーが伊勢原駅に常時停車することとなり、大山を訪れる観光客もさらに増えるものと期待しています。阿夫利睦の皆さまにおかれましては、引き続き地域の発展にご協力をお願いします。

4月16日 第31回園芸まつり

 園芸まつり IMG_5878

市園芸協会が主催する園芸まつりは、誰もが一緒に楽しめる春の一大イベントです。市内の生産者と消費者が直接ふれあい、農業への理解と関心を深める大変重要な場となっています。農家の皆さんには、今後とも市民生活の安全・安心を支える農畜産物の生産と供給にご尽力いただき、市も協力しながらその魅力を広く情報発信してまいいります。

4月12日(火曜日) チガサキレンタルと災害時協力協定を締結

 チガサキレンタルと災害時協力協定を締結

工事用の車両や機械などを扱うチガサキレンタル株式会社(茅ヶ崎市)のご協力をいただき、災害時における応急対策活動用資機材の使用に関する協定の締結を行いました。

本協定の締結により、災害発生時には同社の重機や発電機などを活用し、ガレキ撤去や避難所運営などが可能となります。さらなる地域の防災力強化につながり、大変心強く思っています。

今後も官民の連携を強化し、災害対応に取り組んでまいります。

4月7日(木曜日) 第1回セントラルジャパンホルスタインショウ出品者による市長表敬訪問

 セントラルジャパンホルスタインショウ出品者による市長表敬訪問

4月14日(木曜日)~16日(土曜日)に静岡県御殿場市で開催される「第1回セントラルジャパンホルスタインショウ」に神奈川県代表として出品する市内酪農家の皆さんが報告にみえました。

出品牛は、第52回伊勢原市乳用子牛育成管理共進会・第36回伊勢原ホルスタインショウ、さらに第44回神奈川県ブラックアンドホワイトショウで入賞した乳牛7頭です。

伊勢原市は県内有数の酪農地帯で、乳量や乳質はトップクラスです。乳牛の飼育レベルが高いのは、酪農家の皆さんの努力の賜物だと思います。本市の畜産業の振興に向け、大会での健闘をお祈りします。

 

4月5日(火曜日) 連携・連動推進チームの活動

 連携・連動チーム2  連携・連動チーム1

市では、第5次総合計画に掲げる将来都市像「しあわせ創造都市 いせはら」実現に向けた様々な取り組みを進めています。特に「健康づくり」「観光振興」「新たな土地利用」の施策分野について効果的に進めるため「連携・連動推進チーム」を設置し、総力をあげて推進してきました。

今年度は、新たに「子育て環境づくり」を加え、4つのテーマで推進チームを設置するため、各チームの統括マネージャーを指名しました。全庁をあげて活発な議論を行いながら、新たな施策立案の機会としていきます。

 

4月1日(金曜日) 4月1日付け新採用職員の辞令交付式

辞令交付の様子 新採用職員への挨拶の様子

厳しい雇用情勢の中で新たに採用した18名の職員は、本市の発展に貢献したいという強い熱意を持っている少数精鋭の若者たちです。

これから一人ひとりが知恵と柔軟な発想をもって、困難なことにも積極的にチャレンジしていただきたいと思います。その努力が伊勢原市を支える力となります。

伊勢原を「愛する」気持ちをもって、常に「市民のために」職務に励んでください。これからの活躍を期待しています。