写真日記 平成28年8月

公開日 2016年08月18日

最終更新日 2016年09月06日

過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

平成28年8月

8月28日(日曜日) 市内一斉総合防災訓練

総合防災訓練1 総合防災訓練2

各自主防災会を中心とする多くの市民の皆さん、27の関係機関の皆さんの参加を得て、市内16箇所の広域避難所などを会場に、総合防災訓練を開催しました。

各広域避難所を回りましたが、皆さん、真剣な表情で訓練に取り組まれていました。

私も災害対策本部の設置運営訓練、孤立集落との情報伝達を想定した衛星携帯電話の通話訓練に参加するとともに、伊勢原警察署による多数遺体安置訓練の説明を受けました。

防災は、他人ごとではなく、自分ごととして考えることが大切です。「自分の身は自分で守る」「自らの地域は自らで守る」ことを合い言葉に、訓練を通じて、正確な防災知識、迅速な防災行動を身につけましょう。

8月21日(日曜日) 第30回平和のつどい

平和のつどい1

30回目となる「平和のつどい」を文化会館で開催しました。

中学生ヒロシマ平和の旅に派遣された生徒による「平和の旅体験発表」をはじめ、東海大学学生の協力による「戦争体験インタビューの上映」、「中学生平和作文の表彰式」、「成瀬中学校合唱部による合唱」などに、今回は多くの若者が参加してくれました。

戦後70年が過ぎ、戦争を知る世代が少なくなる中、こうした平和事業を通じて貴重な資料を保存収集していくとともに、平和の尊さを次代に語り継いでいきます。
 

8月11日(木曜日) 山の日記念イベント

山の日記念イベント1

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日として、今年から新たに始まった国民の祝日「山の日」。

伊勢原市は、秀峰大山のふところに抱かれ、山から多くの恵みを受けて発展してきました。ミシュランガイドへの掲載、日本遺産の認定など、再び国の内外から大山に注目が集まっています。

この日は、大山全体を会場として、地元の皆さんによる倭舞・巫子舞、大山狂言の上演、青年会議所による納め太刀2016、小演劇「山の日スイッチ」など、各団体のご協力をいただき、様々な記念イベントを開催しました。

大変多くの方にご来訪いただき、大山を堪能していただきました。「山の日」を契機に、さらに多くの皆さんに大山の素晴らしさを味わっていただけることを願ってやみません。

8月9日(火曜日) 市内中学校 全国大会出場選手の表敬訪問

表敬1  

7月21日(木曜日)・22日(金曜日)に横浜国際プールで行われた神奈川県中学校水泳競技大会で全国大会出場を決めた、市立山王中学校3年の増田 士竜(ますだ しりゅう)さんと成瀬中学校2年の讃岐 徳弘(さぬき なりひろ)さんが、報告に来てくれました。

8月17日(水曜日)~19日(金曜日)に新潟県長岡市で開催される第56回全国中学校水泳競技大会で、増田さんは男子100メートル、200メートルバタフライ、讃岐さんは男子50メートル自由形に出場します。

伊勢原市からは比々多地区出身の塩浦慎理選手が、先日のリオ五輪で日本記録を更新するなど活躍を見せてくれています。地元の大先輩に続けるよう、全国の舞台で練習の成果を十分に発揮していただき、頑張ってほしいと思います。