歩行支援ロボットの公開実験

公開日 2017年11月08日

信州大研究室のメンバーが装着をサポート
信州大研究室のメンバーが装着をサポート
関係者に見守られ、いざスタート
関係者に見守られ、いざスタート
362段のこま参道を軽快に登っていきます
362段のこま参道を軽快に登っていきます
4個の小型モーターが歩行を助けます
4個の小型モーターが歩行を助けます

大山のこま参道で11月1日、信州大学が開発を進めている「歩行支援ロボット」の公開実験が行われました。

険しい石階段の続く大山ですが、足腰の弱った高齢者にも大山観光を楽しんでもらおうと、「さがみロボット産業特区」の取り組みの一環として、県の支援を得て実証実験を誘致したものです。

事前のテストでは、試着した学生の心拍数が20~30%が軽減したとのこと。当日、実際に支援ロボットを装着した高齢者は「最初は重く感じたが、慣れると楽に登れた」と話していました。