○伊勢原市青少年相談室設置条例

昭和52年3月28日

条例第6号

(目的及び設置)

第1条 この条例は、青少年の相談及び補導等を行うため、本市に青少年相談室(以下「相談室」という。)を設置し、もって青少年の非行防止を図ることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 相談室の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

伊勢原市青少年相談室

伊勢原市田中348番地

(昭52条例21・平元条例9・平7条例12・平30条例22・一部改正)

(業務)

第3条 相談室は、次の各号に掲げる業務を行う。

(1) 青少年の相談に関すること。

(2) 街頭補導に関すること。

(3) 継続補導に関すること。

(4) 青少年非行の情報収集と資料整備に関すること。

(5) その他青少年非行防止に必要な業務

(委任)

第4条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

(平19条例3・一部改正)

附 則

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年8月8日条例第21号)

この条例は、昭和52年8月8日から施行する。

附 則(平成元年3月7日条例第9号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成7年3月15日条例第12号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成19年2月27日条例第3号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成30年9月4日条例第22号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

伊勢原市青少年相談室設置条例

昭和52年3月28日 条例第6号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和52年3月28日 条例第6号
昭和52年8月8日 条例第21号
平成元年3月7日 条例第9号
平成7年3月15日 条例第12号
平成19年2月27日 条例第3号
平成30年9月4日 条例第22号