○伊勢原市青少年指導員に関する規則

平成19年4月1日

規則第22号

(設置)

第1条 青少年の地域社会における生活を指導し、青少年の健全育成を図るため、伊勢原市に青少年指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(委嘱)

第2条 指導員は、社会的信望があり、青少年の生活指導について深い関心と理解を持つ者のうちから市長が委嘱する。

(職務)

第3条 指導員の職務は、次に掲げるものとする。

(1) 青少年団体の指導育成と組織化に関すること。

(2) 文化、レクリエーション活動の推進に関すること。

(3) 青少年育成組織の強化と地域活動の推進に関すること。

(4) 環境の整備と浄化活動に関すること。

(5) 青少年に関する相談と愛護指導に関すること。

(定数)

第4条 指導員の定数は、各自治会当たり1名とする。

(任期)

第5条 指導員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 指導員が欠けた場合における補欠の指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

(連携)

第6条 指導員は、相互に連携を密にし、協力し合わなければならない。

(研修)

第7条 指導員は、その職務を遂行するに必要な知識及び技術の研修に努めなければならない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成19年3月31日において、伊勢原市青少年指導員に関する規則(昭和43年伊勢原市教育委員会規則第3号。以下「旧規則」という。)の規定により、その任にある青少年指導員(以下「旧指導員」という。)で平成19年4月1日以後も引き続きその任に当たることとされているものは、第2条の規定により委嘱された指導員とみなす。この場合において、当該指導員の任期は、旧規則の規定による旧指導員の残任期間とする。

伊勢原市青少年指導員に関する規則

平成19年4月1日 規則第22号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成19年4月1日 規則第22号