○伊勢原市立武道館条例施行規則

平成29年3月31日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、伊勢原市立武道館条例(昭和45年伊勢原市条例第3号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 伊勢原市立武道館(以下「武道館」という。)は、武道の普及振興及び市民の心身の健全な発達に寄与するため、次に掲げる事務を行う。

(1) 武道の指導及び助言に関すること。

(2) 武道団体の育成に関すること。

(3) 武道館の施設を利用に供すること。

(4) 市民への武道の普及に関すること。

(5) その他武道館の設置目的を達成するために必要な業務に関すること。

(団体の登録)

第3条 伊勢原市が管理する公共施設に係る公共施設利用予約システムの運用に関する規則(平成18年伊勢原市規則第49号。以下「運用規則」という。)第3条第1項の規定による利用者登録の申請は、団体にあっては、武道館使用団体の活動状況調(第1号様式)を添えて行うものとする。

2 武道館の使用に関し、運用規則第3条第3項の規定による利用者登録を受けることができる団体は、次の各号に掲げる要件のいずれかに該当する団体とする。

(1) 団体の構成員が5人以上であり、かつ、団体の構成員の過半数が市内に住所を有し、又は通勤し、若しくは通学していること。

(2) 団体の構成員が5人以上であり、かつ、主に平塚市、秦野市、大磯町、二宮町又は中井町(以下「2市3町」という。)に住所を有する者により構成されていること。

(3) 団体の構成員が5人以上であり、かつ、2市3町に事務所又は事業所を有していること。

(使用の申込み)

第4条 武道館の使用を申し込もうとする者は、専用使用については使用する月の前月の初日から10日までの間に、個人使用については使用する日に、伊勢原市立武道館使用申込書(第2号様式)を、運用規則に基づき申し込む場合を除き、指定管理者に提出しなければならない。ただし、指定管理者が特に支障がないと認めるときは、専用使用については当該期間後であっても申し込むことができる。

2 前項の規定は、公共的団体が毎年定例的に行う体育大会その他これに類する体育行事で、同項に定める期間前に使用の申込みをしなければその開催に支障を生ずると認められるものについては、適用しない。

3 使用の申込みができる件数は、1団体につき月に20件以内とし、1件当たりの利用時間は、6時間以内とする。ただし、指定管理者が必要と認めるときは、この限りでない。

(使用の承認)

第5条 指定管理者は、前条第1項の申込書の提出があった場合において、その使用を承認するときは、利用承認書(第3号様式)により、当該申込書を提出した者に通知するものとする。

(使用料の納付時期)

第6条 伊勢原市公共施設利用予約システムを利用して武道館の使用を承認された者は、条例第9条に規定する使用料を、武道館を使用する日までに納付しなければならない。

(使用料の減免)

第7条 条例第10条の規定による使用料の減免を受けようとする者(次項において「申請者」という。)は、伊勢原市立武道館使用料減免申請書(第4号様式次項において「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定により申請書の提出があったときは、その内容を審査の上、その適否を決定し、使用料の減免を承認するときは、減免承認書(第5号様式)により申請者に通知するものとする。

3 条例第10条の規定による使用料の減免は、次の各号のいずれかに該当する場合に、当該各号に定める率により行うものとする。

(1) 伊勢原市が使用する場合 100分の100

(2) 伊勢原市立の学校又は保育所が教育活動のために使用する場合 100分の100

(3) 伊勢原市が共催する大会・行事のために使用する場合 100分の50

(4) 国、地方公共団体又は市内の県立学校が使用する場合 100分の50

(5) 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する市内の私立学校又は児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条に規定する市内の私立保育所が使用する場合 100分の50

(6) その他市長が特に必要があると認める場合 前各号の規定に準じた率

(使用料の還付)

第8条 条例第11条ただし書の規定による使用料の還付を受けようとする者は、伊勢原市立武道館使用料還付申請書(第6号様式)を市長に提出しなければならない。

(市長による運営管理)

第9条 指定管理者に代わって市長が武道館の運営管理を行う必要が生じた場合における第4条及び第5条の規定の適用については、これらの規定中「指定管理者」とあるのは、「市長」と読み替えるものとする。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年1月11日規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、平成31年7月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 この規則による改正後の伊勢原市立武道館条例施行規則(以下この項において「新規則」という。)第4条の規定による使用申請その他の新規則を施行するために必要な準備行為は、この規則の施行の日前に行うことができる。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

伊勢原市立武道館条例施行規則

平成29年3月31日 規則第13号

(平成31年1月11日施行)