期日前投票制度・不在者投票制度

公開日 2008年07月28日

更新日 2020年03月08日

伊勢原市の選挙人名簿に登録されている人で、投票日に仕事や旅行などの予定がある人は、期日前投票ができます。また、市外に滞在中の人や指定病院・施設に入院・入所中の人などは不在者投票ができます。

期日前投票制度

投票日に仕事や旅行などの事由により投票できないと見込まれる人は、その事由に該当する旨の宣誓書を提出した上で、期日前投票ができます。

1 既存の期日前投票所

  • 場所 伊勢原市役所
  • 期間 公示(告示)日の翌日~投票日の前日
  • 時間 午前8時30分~午後8時 

2 新たに設置する期日前投票所
     期日前投票率の向上や既存の期日前投票所の混雑を解消するため、新たに期日前第2投票所を設置します。

  • 場所 イトーヨーカドー伊勢原店 5階 催事場
  • 期間 選挙期日(投票日)前日までの概ね1週間程度
  • 時間 午前10時30分~午後8時30分

期日前投票ができる事由

  • 投票日に仕事や学業がある場合
  • レジャーや旅行などで投票区域外に出かけたり市外に滞在する場合
  • 病気や出産などで歩くことが困難な場合
  • 住所移転のため市外に居住している場合(※ただし、市議会議員選挙及び市長選挙では、住所移転により市外に転出すると、投票できません。)
  • 天災や悪天候により投票所へ出かけることが困難な場合

※ 投票日には18歳になるが期日前投票をする日には18歳未満の人は、不在者投票制度により投票することができます。

不在者投票制度

市外に滞在中の人は滞在地の選挙管理委員会で、指定病院・施設に入院・入所中の人は施設内で、それぞれ不在者投票ができます。また、一定基準以上の重度身体障がいをお持ちの人などは郵便等による投票ができます。

  • 市外に滞在中の人
    仕事、学業、旅行などで市外に滞在している場合は、滞在地の選挙管理委員会で不在者投票ができます。投票用紙のやりとりに時間がかかりますので、早めに手続をしてください。希望する人は、「請求書兼宣誓書」に必要事項を記入し、直接持参するか郵送で伊勢原市選挙管理委員会へ請求してください。なお、ファクシミリやメールでの受付はできません。(持参の場合は、代理の方がお持ちいただいても受け付けます。)
    請求書兼宣誓書[PDF:162KB]
    請求書兼宣誓書[DOC:36KB]
  • 病院・施設などに入院・入所している人
    病気、出産、身体の障がいなどで、県選挙管理委員会が指定する病院、施設などに入院、入所している人は、施設内で不在者投票ができます。施設長へ申し出てください。
  • 郵便等による投票(重度身体障がいのある人など)
    一定基準以上の重度身体障がい者及び介護保険被保険者は、自宅で投票できる制度があります。利用できる人の要件は、次のとおりです。あらかじめ申請が必要ですので、担当までお問い合わせください。
    • 身体障害者手帳をお持ちの人
      • 両下肢・体幹・移動機能の障がいの程度が、1級・2級の人
      • 心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・直腸・小腸の障がいの程度が、1級・3級の人
      • 免疫・肝臓の障がいの程度が、1級から3級の人
    • 戦傷病者手帳をお持ちの人
      • 両下肢・体幹の程度が、特別項症から第2項症の人
      • 心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・直腸・小腸・肝臓の障がいの程度が、特別項症から第3項症までの人
    • 介護保険被保険者証をお持ちの人
      • 要介護5の人

また、郵便等による不在者投票をすることができる人で、身体障害者手帳の上肢・視覚の障がいの程度が1級の人、戦傷病者手帳の上肢・視覚の障がいの程度が特別項症から第2項症の人は、代理記載で郵便投票ができます。こちらもあらかじめ代理記載の申請が必要ですので、担当までお問い合わせください。

お問い合わせ

選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局選挙係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-74-5273
FAX:0463-93-5575

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る