伊勢原市ニュースリリース【報道資料】(大山神事能 平成30年4月No.20)

公開日 2018年04月25日

更新日 2018年04月25日

大山神事能 ~ 江戸時代から伝わる伝統芸能 ~

大山の厳かな空気に包まれる神社拝殿で、300年の伝統を誇る能楽が地元の有志によって披露されます。
 大山能のルーツは江戸時代・元禄期にさかのぼり、頻繁に対立した大山の神職、僧侶、修験者の融和を図るため、幕府が能楽を協力して演じさせたことが起源と言われています。大山阿夫利神社の先代宮司である目黒修一氏により30年ほど前に「大山能楽保存会」が発足し、以来その伝統が受け継がれています。

日時

5月5日(土曜日)午後1時~2時

場所

大山阿夫利神社下社(伊勢原市大山12)

主催・問い合わせ

大山阿夫利神社社務局 電話 0463-95-2006

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689
このページの
先頭へ戻る