伊勢原市ニュースリリース【報道資料No.364】横浜の児童が大山の活用策をビデオレターで提案

公開日 2019年02月08日

更新日 2019年02月14日

※平成31年2月8日に報道機関に発表した情報です

横浜の児童が大山の活用策をビデオレターで提案 

横浜国立大学教育学部附属横浜小学校(横浜市中区)の4年生が、大山での校外学習の成果をビデオレターにまとめました。
 タイトルは「これからの大山を盛り上げるために私達の考えたこと」。児童が考えた、今後大山を活用していくためのアイデアが収められています。
 「平成の大山詣り ~ 伝統文化を活用する県内の地域 ~ 」をテーマとした校外学習は、社会科の授業の一環として1月18日に実施されたもので、参加した104人の児童は阿夫利神社神職の講話を通して、大山の自然や歴史などについて学びました。

問い合わせ

  • 横浜国立大学教育学部附属横浜小学校 電話 045-622-8322
  • 市観光協会 電話 0463-73-7373

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689
このページの
先頭へ戻る