緊急事態宣言解除後の保育所等の利用について

公開日 2020年05月28日

更新日 2020年05月28日

日ごろ、本市の保育所等(※)の運営に御協力をいただき、誠にありがとうございます。

また、新型コロナウイルス感染症まん延防止のため、保護者の皆様による御協力に対し、深く感謝し、お礼申し上げます。

さて、緊急事態宣言が解除されたことを受け、本市においては7月1日から通常の保育が実施できるよう、段階的な対応をとりたいと考えています。

つきましては、保育所等の利用について次のとおりとしますので、御協力くださいますようお願いいたします。

※「保育所等」:保育所、認定こども園(2・3号)、小規模保育施設

 

保育所、認定こども園(2号・3号)、小規模保育施設の利用について

  1. 宣言が解除された後も、感染症対策の徹底を継続する必要があります。急激な利用者の増加は感染リスクを高めることから、家庭保育が可能なときは、引き続き、家庭での保育や利用時間の短縮に努めていただくなど、段階的に再開できるよう御協力ください。
  2. 段階的に通常の保育にしていくため、各園で登園の決まり事を定めているときは、御協力をお願いします。
  3. 在宅勤務や育児休業中などで家庭にいる場合でも、仕事や体調不良で保育が必要なときは、保育所等を利用することが可能です。在園する保育所等に御相談ください。

 

感染症対策の継続について

  1. 登園前に体温を計測し、子どもに発熱(37.5度以上又は平熱比1度超過)や咳などの呼吸器症状が認められる場合は、登園せず自宅で休養してください。
  2. 過去に発熱等が認められた場合にあっては、解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善されるまでは同様の取扱いとします。

 

市が定める利用者負担額の取扱い

  1. 登園しなかった場合の3号認定子どもにかかる利用者負担額については、6月分まで日割りを行います。7月以降は、通常料金とする予定です。
  2. 認可保育所は、市で徴収の後、日割り分をお返しします(4~5月分は6月、6月分については7月に返金の御案内をいたします)。認定こども園、小規模保育施設の返金方法は、施設から御案内します。

 

幼稚園、認定こども園(1号)の登園再開について

小中学校の授業が段階的に再開されることに合わせ、幼稚園、認定こども園における教育活動も再開されます。

感染症対策の取り組みや、授業再開に向けた対応は、文部科学省、厚生労働省、内閣府等の通知をもとに、施設ごとに判断されます。

各園における対応については、在園する施設にお問い合わせください。

 

※上記対応は、緊急事態宣言が再度発令された場合や、施設において新型コロナウイルス感染症が発生した場合には、取扱いが変わることも想定されます。御承知おきください。

お問い合わせ

子ども部 子ども育成課教育・保育推進係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4638
FAX:0463-95-7612
このページの
先頭へ戻る