伊勢原市ニュースリリース【報道資料No.4】市内でナシの授粉作業が行われています

公開日 2020年04月09日

更新日 2020年04月13日

※令和2年4月9日に報道機関に発表した情報です

市内でナシの授粉作業が行われています

県内有数のナシの生産量を誇る伊勢原市では、各地のナシ園で白く小さな花が一面に咲き、農家による授粉作業がピークを迎えています。
 JA湘南果樹部会委員長の和田さんが運営する約65アールのナシ園では、幸水や豊水、愛甘水(あいかんすい)など8種類のナシを栽培。今年は暖冬の影響で開花が例年より5日ほど早く、4月2日から授粉作業を開始しました。
 4月7日は「幸水」の雌しべに、ダチョウの羽が先端に付いた「花粉交配機」を丁寧になでつけて授粉作業を行っていました。
 和田さんは「気候は悪くないので、今年も大玉で甘いナシを提供できると思う。ただ、新型コロナウイルス感染症の影響で、対面販売や出張販売は難しいので、販売方法をよく考えなければいけない」と話していました。

問い合わせ

農業振興課 電話 0463-94-4664

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689
このページの
先頭へ戻る