熱中症予防をふまえた学校生活におけるマスクの着用について

公開日 2020年06月09日

更新日 2020年06月09日

熱中症予防をふまえた学校生活におけるマスクの着用についてお知らせします。

学校生活において 「日常的にマスクを着用する」こととしております。しかし、気温の高まりに合わせて、マスクの着用による 熱中症の危険性が 高まってまいります。

そこで、スポーツ庁や厚生労働省の見解もふまえ、学校生活において次の場面では、児童・生徒が マスクを 外すことも可能であることとさせていただきます。学校においても改めて指導いたしますが、ご家庭におきましても、新型コロナウイルスの感染拡大がなく教育活動を 継続できるよう、引き続き、マスクの着用等 の 基本的な感染症対策について、お子様と一緒にご確認いただけるようご協力をお願いいたします 。

【マスクを外すことが ある場面 】
 マスクを外す場合には「人との距離を十分に保つ」「会話をしない」ことを守ること。

  • 体育の学習中
  • 体育の学習以外で、体を動かす場合
  • 部活動中
  • 登下校中で、暑さ等により健康被害が発生する可能性が高い場合
  • その他、健康状態等によりマスクを外すことが望ましい場合

 

お問い合わせ

教育部 教育指導課生徒指導係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-74-5247
FAX:0463-95-7615
このページの
先頭へ戻る