伊勢原市ニュースリリース【報道資料No.68】県内初!外国人観光客に地域の魅力を紹介する「大山地域通訳案内士」が誕生します

公開日 2020年07月17日

更新日 2020年07月28日

※令和2年7月17日に報道機関に発表した情報です

県内初!外国人観光客に地域の魅力を紹介する「大山地域通訳案内士」が誕生します~育成計画を策定しました~

市ではこのほど、観光庁による地域通訳案内士制度を活用し、地域の魅力を外国人観光客に通訳・ガイドする「大山地域通訳案内士」の育成に取り組みます。
 地域通訳案内士とは、特定の地域内において、その固有の歴史や地理・文化に精通した者が報酬を得て通訳案内を行うことができる制度で、各自治体が行う研修を受講して登録し、活動します。神奈川県内では本市が初めて導入します。
 現在大山インフォメーションセンター(伊勢原市大山541-2)で「神奈川善意通訳者の会」等に外国語案内のご協力をいただいており、平成30年度で約1000人、令和元年度で約1400人の実績があります。新型コロナウイルス感染症終息後のインバウンド需要を見据え、質の高い通訳ガイドを確保することで、受け入れ態勢の充実と満足度の向上を図ります。

主催・問い合わせ

商工観光課 電話 0463-94-4729

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689
このページの
先頭へ戻る