伊勢原市ニュースリリース【報道資料No.143】高部屋神社例大祭

公開日 2021年08月27日

更新日 2021年09月07日

※令和3年8月27日に報道機関に発表した情報です

高部屋神社例大祭 ~規模を縮小して開催~

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、露店や神輿などは中止し、神事のみを執り行います。
 高部屋神社は拝殿の彫刻に浦島太郎や乙姫が刻まれるなど海にゆかりの深い神社で、日本遺産「大山詣り」の構成文化財であり、本殿などが国登録有形文化財に登録されています。
 今年は、大磯照ケ崎海岸で海藻(ホンダワラ)や海水、砂などを採取する「汐汲み神事」は行わず、神職の代表3人が予め同場所での採取のみを行います。
 式典前に行われる伝統行事「浜砂撒き」では、下糟屋公会堂から神社までの道を神職が浜砂で清めながら、関係者が行列を作って練り歩きます。また、海水は鎮火水として使用され、海藻は拝殿などのしめ縄につり下げられます。

日時

9月19日(日曜日)午前10時~

場所

高部屋神社(伊勢原市下糟屋2202)

主催・問い合わせ

高部屋神社

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689
このページの
先頭へ戻る