低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金について

公開日 2022年06月08日

更新日 2022年06月28日

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、食費等の物価高騰等の影響を勘案し、給付金の支給を行います。

支給対象者

 給付金を受け取るには、申請が不要な場合と必要な場合があります。詳しくは次の支給対象者を御確認ください。

(1)ひとり親世帯分

 次のいずれかに該当する人が支給の対象となります。詳細は「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)について」を御確認ください。

  1. 令和4年4月分の児童扶養手当の支給を受けている人(申請不要)

  2. 公的年金等を受給していることにより、令和4年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない人(申請必要)

  3. 収入が児童扶養手当を受給している人と同じ水準となっている人(申請必要)

(2)ひとり親世帯以外分

 「(1)ひとり親世帯分」以外で、次のいずれかに該当する人が支給の対象となります。詳細は「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)について」を御確認ください。

 なお、すでに同一児童について「(1)ひとり親世帯分」を受給している場合は対象外です。

  1. 令和4年度市県民税(均等割)が非課税で、令和4年4月分の児童手当または特別児童扶養手当を受給している人(申請不要)

  2. 令和4年度市県民税(均等割)が非課税で、令和4年5月から令和5年3月分の児童手当または特別児童扶養手当の認定を受ける人(令和4年4月から令和5年2月までに生まれる新生児も対象)(申請不要)

  3. 令和4年度市県民税(均等割)が非課税で、児童手当を職場で受給している人(公務員)や高校生(令和4年3月31日時点で18歳未満の児童(障がい児の場合、20歳未満))を養育している人など(申請必要)

  4. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和4年1月以降の家計が急変し、令和4年度市県民税(均等割)が非課税である人と同様の事情にあると認められる人(申請必要)

※令和4年度市県民税が6月1日時点で未申告の場合、給付金の申請が必要です。給付金を受けるには、確定申告書または市県民税申告書の提出後に申告書の控えを持って、申請受付期間中に申請してください。

また、令和3年度児童手当の現況届が未提出の場合、現況届提出後に申請が必要です。未提出の人は早急に提出してください。

申請受付期間

令和4年7月1日(金曜日)から令和5年2月28日(火曜日)まで

申請方法

郵送または窓口で申請してください。(一部の人は電子申請も利用可能です。詳しくは「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)について」の「申請方法」をご確認ください。)

※新型コロナウイルス感染症まん延防止の観点から、郵送による申請にご協力をお願いします。

  • 窓口で申請する場合:【申請先】市役所子育て支援課(1階9番窓口)
  • 郵送で申請する場合:【送付先】〒259-1188 伊勢原市田中348番地 伊勢原市役所子育て支援課あて

給付額

児童1人あたり一律5万円

「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金」に関する”振り込め詐欺”や”個人情報の詐取”にご注意ください

支給対象者の方に伊勢原市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込を求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきたら、必ず伊勢原市の担当や、伊勢原警察署(または警察相談専用電話【#9110】)にご相談ください。

お問い合わせ

子ども部 子育て支援課子育て支援係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4633
FAX:0463-95-7612
このページの
先頭へ戻る