記者会見

公開日 2012年10月29日

平成24年10月定例記者会見

  • 市長、経済環境部長、広報広聴課長ほか
とき
平成24年10月22日(月曜日)午前11時~11時45分
ところ
政策会議室
出席者
報道関係7社
  • 神奈川新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、東京、NHK、時事通信社
市側

情報内容提供

記者会見資料:PDF9メガバイト

  1. 第32回畜産まつり
  2. 大山の紅葉ライトアップと大山山麓・食の文化祭
  3. 車両の寄贈について

【イベント関係・その他】

  1. 市民文化祭
  2. 国登録有形文化財特別公開
  3. パラリンピック金メダリスト秋山里奈さん報告会
  4. 三之宮比々多神社酒祭
  5. 「東芝の森」植林体験会
  6. 秋季火災予防運動の実施
  7. サポセンフェスタ2012 & Youth age a go go Festival
  8. 川崎市消防局消防航空隊合同訓練
  9. 伊勢原の柿&みかんについて

市長説明要旨

  1. 第32回畜産まつり

    10月28日、午前10時から伊勢原市総合運動公園で、第32回畜産まつりを行う。あわせて、伊勢原市畜産共進会でそれぞれの部門で入賞された方を対象に、第58回伊勢原市畜産共進会褒賞授与式を行う。

    畜産まつりは、畜産業のみならず農業全体への理解と関心を促進するとともに、消費拡大を図ることを目的として、昭和56年から行っている。動物に親しんでいただくため、動物と触れ合う各種イベントのほか、農畜産物や関連商品の販売も行う。畜産共進会褒賞授与式については、各畜種において行われる共進会を通じ、飼養技術の向上や環境に配慮した経営や、さまざまな取り組みを行うなど、農業者の研鑽を目的に行っている。当市では、食と体の健康を改めて考える機会を提供し、「地産地消」や「食の安全」を進め、「食を通じた健康づくり」を図っていきたいと考えている。

  2. 大山の紅葉ライトアップについて

    平成17年の大山寺開山1250年を記念して行われた大山寺と大山阿夫利神社の紅葉ライトアップが今年で8回目を迎え、11月23日(金曜日)~12月2日(日曜日)の10日間行われる。

    深紅に染まる紅葉や、相模湾を一望できる夜景は、幻想的でロマンチックな世界を繰り広げ、毎年多くの観光客が来場する。期間中、大山寺では秋の特別開帳(本尊 鉄造不動明王の御開帳)が行われ、夜にはゆず茶が振舞われる。18日(日曜日)の昼間には、東北玉こんにゃくが先着400名に振る舞われる。阿夫利神社下社ではもみじ鍋の販売が行われる。

    紅葉ライトアップ初日である11月23日(金曜日・祝)には、大山阿夫利神社下社境内で「大山山麓・食の文化祭」が開催され、伊勢原・秦野の地場産品の販売や、丹沢・大山に関する歴史・文化の紹介・展示等が行われる。また、同時開催のマグネットフォーラムには県知事が来場する。

    小田急電鉄では、大山の紅葉シーズンに合わせ臨時特急ロマンスカー「メトロもみじ号」を運転し、伊勢原駅に停車をする。11月17日(土曜日)~12月2日(日曜日)の間の6日間、1日1往復運行される。

    報道関係者を対象にした試験点灯を大山寺で予定している。ぜひ取材をお願いしたい。

  3. 車両の寄贈について

    創立80周年を迎えた中栄信用金庫から、地域貢献の一環として車両の寄贈の申し出があった。これに伴い11月1日(木曜日)午後2時30分から贈呈式を行う。市から中栄信用金庫へは感謝状を贈呈する。寄贈される車両は、日産セレナ。寄贈された車両は、総務部管財契約検査課で受入れ、共用車として活用する。ロングステップ(段差解消ステップ)やアシストグリップ(補助手すり)により、幅広い年齢層で乗り降りがしやすい設計となっている。このため、さまざまな事業での活用が考えられる。

4~12のイベント情報などは、広報広聴課長から説明

ページトップへ

お問い合わせ

企画部 秘書課秘書係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4843
FAX:0463-95-7611

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る