平成29年10月市長定例記者会見

公開日 2017年11月06日

更新日 2018年03月22日

【とき】

 平成29年10月24日火曜日 午前11時~11時50分

【ところ】

 伊勢原市役所4階 政策会議室

【出席者】

報道機関:神奈川新聞、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、東京新聞、tvk、時事通信

市側:市長、両副市長、企画部長、危機管理担当部長、農業振興課長、農業振興課係長、商工観光課長、環境美化センター所長、教育総務課係長、広報戦略課長ほか

 

内容

  1. いせはら地ミルクの販売について(資料1)
  2. 大山レインツーリズムの推進について(資料2)
  3. 災害時における相互応援協定の締結について(資料3)
  4. 剪定枝の資源化の開始について(資料4)
  5. 国登録有形文化財の特別公開(資料5)
  6. 三之宮比々多神社酒祭(資料6)
  7. 大山の紅葉ライトアップ(資料7)
  8. 秋の味覚 柿とみかん(資料8)

資料 

市長発表要旨                        ​

  1. いせはら地ミルクの販売について

    先般、タカナシ乳業及び県と同時リリースさせていただいた「いせはら地ミルク」の販売について、改めて発表させていただきます。県内最大の酪農地帯である伊勢原市では、酪農家や県とともに平成26年から「伊勢原産牛乳プロジェクト」に取り組み、商品化に向けた活動を展開してきました。こうした成果として、タカナシ乳業により市内3戸の酪農家の生乳のみを使用した限定牛乳「いせはら地ミルク」が商品化され、来月15日から市内を中心に神奈川県内で発売されることになりました。地ビールならぬ「地ミルク」として、酪農家とそれを応援してきた市民、関係団体の皆さんの想いが込められた製品に仕上がっています。

  2. 大山レインツーリズムの推進について

    市では、雨の多い大山の特性を生かし、「大山レインツーリズム」として新たな発信をすることとしました。大山は常に山上に雨雲をまとっており、雨降山と呼ばれ雨乞いの山として信仰を集めました。「雨を楽しむ」日本の文化は外国人を引きつける魅力があります。この雨を積極的に活用し、「雨でも楽しめる大山」「雨だからこそ行く大山」として観光誘客、リピーターの獲得を目指すのが大山レインツーリズムです。具体的な事業としては、来月11日(土曜日)から、下社境内に浮世絵の多色摺り体験コーナーを開設し、体験型の観光メニューを新たに提供します。また、同日、アウトドアメーカーの協賛により、最新レインウエアによる雨の日ファッションショーの開催も予定しています。この日に合わせて、境内には眺望説明板も設置し、雨の日でもミシュランガイドに選ばれた2つ星の眺望をご確認いただけるようにします。来年3月には、眺望テラスの設置も計画しています。ぜひ、多くの方々に、ひと味違った雨の大山観光を楽しんでいただきたいと思います。

  3. 災害時における相互応援協定の締結について

    来月12日(日曜日)、熊本地震の被災地である熊本県宇土市と相互応援協定を締結します。市では災害対応に万全を期すため、他の自治体との応援協定の締結を進めています。今年6月には岡山県総社市と、今月10日には滋賀県草津市と協定を結び、これで5市目の締結となります。今回は、宇土市から協定のご要請をいただきました。熊本地震に遭われ、現在も庁舎の建替、被災者支援事務など災害復旧に当たっており、防災対策上、学ぶべき点が多いことから快諾させていただきました。調印式当日には、元松宇土市長から直接熊本地震の体験や災害対応についてご講演いただきます。関係機関だけでなく、より多くの皆さんに被災経験に基づく貴重なお話を聞いていただき、それぞれの備えにお役立ていただきたいと思います。

  4. 剪定枝の資源化の開始について

    市では、可燃ごみの減量化を進めるため、来月1日から剪定枝の資源化を開始します。これまで家庭で剪定された庭木などは、可燃ごみとして収集し焼却していましたが、今後、市内にある2箇所の民間業者に資源として集約し、堆肥や家畜の敷き材、燃料チップなどとして再利用していきます。現在可燃ごみは、一部事務組合である秦野市伊勢原市環境衛生組合が運営する伊勢原清掃工場と、はだのクリーンセンターの2施設で焼却しています。しかし、伊勢原清掃工場は、稼働から30年以上が経過し老朽化が進んでいることから、平成37年度末までにはだのクリーンセンター1施設による焼却体制へ移行する予定です。こうした中、可燃ごみの減量対策の一つとして、家庭から出される可燃ごみのうち約5%を占める剪定枝の減量を進めるため、資源化に取り組むものです。

5~8のイベント情報等は、広報戦略課長から説明

 

 

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る