平成29年11月市長定例記者会見

公開日 2017年12月04日

更新日 2018年03月22日

【とき】

 平成29年11月24日金曜日 午前11時~11時30分

【ところ】

 伊勢原市役所4階 政策会議室

【出席者】

報道機関:神奈川新聞、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、東京新聞、時事通信

市側:市長、副市長、企画部長、歴史文化担当課長、広報戦略課長ほか

内容

  1. 伊勢原市議会12月定例会(資料1)
  2. 大山こま足踏みろくろの復元公開についていて(資料2)
  3. 年末年始の神事・習俗行事(資料3)
  4. 大山菜の漬け込み(資料4)

資料 

市長発表要旨                        ​

  1. 伊勢原市議会12 月定例会について

    来週29 日に招集します市議会12 月定例会に、議案10 件、報告3 件の計13 件を提出する予定です。初めに、承認議案です。平成29 年度 一般会計補正予算・第2 号は、10 月22 日に執行した衆議院議員総選挙の経費について、緊急を要し、議会を招集する余裕がなかったことから、地方自治法の規定に基づき専決処分をしたことについて、承認を求めるものです。次に、条例議案5 議案についてです。1 件目は、市地域包括支援センターの実施基準を定める条例の一部改正で、法令改正に伴い支援センターに配置する主任ケアマネジャーの定義を改めるものです。2 件目は、市国民健康保険の療養給付費等支払調整基金条例の一部改正で、法令改正により、来年度から市町村は都道府県に国民健康保険事業費納付金を納めることになります。これに伴い、基金名及び設置目的について改正を行うものです。3 件目は、市営住宅条例の一部改正で、市営小山住宅の用途廃止に伴う改正のほか、法令改正に伴い引用条項を整理するものです。4 件目は、下水道条例の一部改正で、独立採算の原則に基づき、公共下水道使用料の水準を適正化し、経営の健全化を図るため、使用料を改正するものです。5 件目は、火災予防条例の一部改正で、消防法に関する重大な違反のある防火対象物について、その内容を公表する制度を新たに規定するものです。次に、補正予算4 議案についてです。平成29 年度 一般会計補正予算・第3 号のほか、国民健康保険事業、下水道事業、介護保険事業の4 つの特別会計について、所要の補正を行うものです。最後の報告案件3 件は、いずれも専決処分を行った案件の報告です。

  2. 大山こま足踏みろくろの復元公開について
    このほど大山こまの職人が協力し、昭和30 年代まで利用していた足踏みろくろが復元され、明日、明後日に開催する文化財フェスタ2017 秋において、公開される運びとなりました。足踏み式のろくろは、現在使用されている電動式ろくろが導入されるまで、職人の間で実際に使用されていたものです。昭和51 年6 月には、25 カ国が参加してメキシコで開かれた工芸オリンピックに日本代表として出展し、現地で足踏みろくろを使って大山こまの製作実演を行い喝采を浴びたと、当時の新聞各紙が伝えております。職人の高齢化が進む中、足踏みろくろを知る者が元気なうちに復元したいとの思いから、記憶を頼りに部材を組み上げ、今般復元されたものです。市では昨年、大山こまの製作技術を後世に継承すべきものとして、無形民俗文化財に指定するとともに、各種イベントにおいて、こま回し大会等を企画していただくなどの取組を行っています。伊勢原を象徴すべきものとして、市公式イメージキャラクタークルリンのモチーフにもなっています。今回の取組を契機に、より多くの方に伝統的郷土玩具である大山こまの製作技術に関心をもっていただき、後継者の育成に繋がることを願っています。
     

    3、4のイベント情報等は、広報戦略課長から説明

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る