写真日記 平成30年7月

公開日 2018年07月05日

更新日 2018年08月02日

過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

平成30年7月

7月25日(水曜日)第51回神奈川県消防操法大会

神奈川県消防操法大会の様子

県総合防災センターで行われた県消防操法大会小型ポンプ操法の部に、大田地区を受け持つ第6分団が出場しました。

消防団の皆さんには、日ごろから献身的な活動をしていただいています。近年、全国各地で災害による甚大な被害が多く発生しており、常備消防だけでは対応しきれない災害に対し、消防団の力は欠かせないものと実感しています。

大会本番では、4月からの訓練の成果を生かし、息の合った動きで20チーム中7位という好成績を収められました。

これからも、地域防災の要としてご尽力いただけるよう、お願いいたします。

7月19日(木曜日) 国土緑化運動・育樹運動ポスター原画コンクールの受賞報告

IMG_0398 IMG_0435 

大山小学校6年生の関西銀一朗さんが、国土緑化運動・育樹運動ポスター原画コンクール約6万点の応募の中から「特選」に選ばれ、文部科学大臣賞などを受賞した報告に来てくれました。

この作品は、緑と人が協力し合い、よりよい世界を作っていこうという気持ちで描いたそうです。「一人でも多くの人が作品を見て、緑をふやそうという気持ちになってくれたらうれしいです」と笑顔で語ってくれました。

ポスターは約4万枚作成され、全国の学校などで掲示されるそうです。これからも、より魅力的な作品を作り、いろいろなコンクールに応募していきたいという関西さん。ますますのご活躍を期待しています。

7月12日(木曜日) 伊勢原高校4部活動の全国大会出場報告

伊勢原高校4部活動の全国大会出場報告 

全国大会出場が決まった伊勢原高等学校の女子バレーボール部、ライフル射撃部、定時制バドミントン部、定時制陸上競技部の生徒が、出場報告に来られました。

県内屈指の強豪である女子バレーボール部は2年連続17回目、定時制陸上競技部は初の全国への切符を手にしました。

スポーツを通じて学ぶことは多く、これからの人生の大きな糧になります。平常心で試合に臨み、ベストを尽くしましょう。

7月11日(水曜日) 優良建設工事表彰式

h300711_ph 

平成28・29年度中に、優れた施工技術などにより、模範となる公共工事を実施された受注者の方々を表彰しました。

市域では、広域幹線道路の整備が日々進み、インターチェンジ開設が間近に迫っています。東部第二区画整理事業なども目に見えて進んでいます。

社会資本整備や維持管理、災害復旧など、建設工事を担う皆さんの役割は大きいものです。市内経済の発展や市民の安全安心のため、今後ともご活躍をお願いします。

7月7日(土曜日) 職員の災害応援派遣・緊急支援物資の搬送

職員の災害応援派遣・緊急支援物資の搬送1 職員の災害応援派遣・緊急支援物資の搬送2 

記録的な豪雨に襲われた岡山県総社市に対して、応援職員8名を緊急派遣し、毛布や非常食料などの避難所用物資を搬送しました。

昨年6月の相互応援協定締結後、残念ながら最初の事案が発生してしまいましたが、災害発生から24時間はまさに時間との闘いです。被災された方の立場になって一刻も早く現地へ、という思いで職員を派遣しました。

被災された皆様には心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧を祈念いたします。市では、今後とも継続的に支援活動を行ってまいります。

7月2日(月曜日) 青少年の非行・被害防止、社会を明るくする運動強調月間 合同街頭キャンペーン

青少年の非行・被害防止、社会を明るくする運動強調月間 合同街頭キャンペーン 

7月は、青少年の非行や被害を防止する「青少年の非行・被害防止強調月間」と、罪を犯した人たちの更生について理解を深める「社会を明るくする運動強調月間」です。

本格的な暑さを迎えたこの日の夕方、関係団体や伊勢原警察署と一緒に、伊勢原駅で合同街頭キャンペーンを行いました。

市では、防犯カメラの設置や防災無線、くらし安心メールでの情報配信などの取り組みを通じて、暮らしの安心が広がるまちづくりを推進しています。

今後も警察や地域の皆さんの協力をいただきながら、安全で安心して暮らせるまちづくりに取り組んでいきます。

このページの
先頭へ戻る