平成30年8月市長定例記者会見

公開日 2018年08月28日

更新日 2018年08月27日

とき
平成30年8月23日(木曜日)午前11時~11時35分
ところ
伊勢原市役所4階 政策会議室
出席者
報道機関:神奈川新聞、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、東京新聞、時事通信、NHK
市側:市長、両副市長、企画部長、教育部長、行革経営担当部長、農地利用担当部長、
   農業振興課長、商工観光課長、危機管理課危機管理係長、広報戦略課長 ほか
 

内容

  1. 伊勢原市議会9月定例会について(資料1)
  2. 「日本遺産のまち 伊勢原うまいものセレクト」の創設について(資料2)
  3. 市内一斉総合防災訓練の実施について(資料3)
  4. 第51回伊勢原観光道灌まつりの開催について(資料4)
  5. ニッポンたからものプロジェクト「日本遺産×LiveArt」伊勢原公演の開催について(資料5)
  6. 大山阿夫利神社秋季例大祭(お下り ほか)(資料6)
  7. 大山火祭薪能の観覧者募集(資料7)

資料

平成30年8月23日記者会見資料[PDF:4MB]

市長発表要旨

あいさつ
 今年、関東では観測史上初めて6月に梅雨明けし、その後も全国的な猛暑が続いて他県では児童が体調を崩して亡くなるという痛ましい事故が発生しました。また国では、学校の環境基準を改正し教室の望ましい温度を従来の「10 度以上30度以下」から「17度以上28度以下」に改めました。市内の小・中学校の教室の温度の測定結果についても高い割合で基準を超えています。市長就任以来、屋上の防水や外壁の修繕、トイレのリニューアルなど学校環境の改善に努めてきました。小中学校のエアコン整備についてもかねてから必要性を認識してきたところですが、今般の暑さを考慮すると早急に対応する必要があると考えています。国においても財政支援を検討しているとの報道もなされていますので、国庫補助等の財源の確保に努め、見込みが立ちましたら来年度からエアコン整備に取り組む所存です。

  1. 伊勢原市議会9月定例会について
    市議会9月定例会に提出予定の議案17件、報告3件の計20件の概要を説明します。決算議案6件は、平成29年度における一般会計、特別会計について議会の認定を求めるものです。条例の廃止議案は、公共施設等総合管理計画に基づき市青少年センターと日向ふれあい学習センターを廃止するため提案するものです。条例の制定議案は、昨年3月に策定した公共施設の受益者負担に関する基本方針に基づき、使用料の見直し等を行うため新たに条例を制定するものです。1件目の上満寺多目的スポーツ広場条例、2件目の「行政センタースポーツ施設条例」は、それぞれを公の施設として位置付けるとともに、使用料などを定めるため提案するものです。3件目の市立学校施設の開放に関する条例は、小・中学校の施設を教育に支障のない範囲で開放することに関し使用料などを定めるため提案するものです。条例の一部改正議案についての5議案は、公共施設の受益者負担に関する基本方針に基づく使用料の見直し等に伴い、条例の一部改正をするものです。1件目、市コミュニティセンター条例の一部改正は、公共施設等総合管理計画に基づき、大田公民館と大田ふれあいセンターとの機能統合を図るため大田ふれあいセンターを廃止するとともに、使用料などの改正を行うものです。2件目の市立武道館条例の一部改正、3件目の市都市公園条例の一部改正は使用料などの改正を行うものです。4件目のコミュニティ防災センターに関する条例の一部改正は、大田公民館と大田ふれあいセンターとの機能統合に伴い、コミュニティ防災センターの使用拡大を図るとともに使用料規定の追加などの改正を行うものです。5件目の市公民館条例の一部改正は、大田公民館と大田ふれあいセンターとの機能統合を図るため、大田ふれあいセンターの名称等を「大田公民館」に改め、使用料の改正などを行うものです。以上が使用料の見直し等に関する条例の一部改正です。6件目は市地域包括支援センターの包括的支援事業の実施基準を定める条例の一部改正です。関係法令の一部改正に伴い、支援センターに配置する主任介護支援専門員の定義を改めるものです。その他の議案は、平成30年度浸水対策調整池整備の工事請負契約の締結について提案するものです。報告案件については省略します。追加議案として人事案件3件の提出を予定しています。
     
  2. 「日本遺産のまち 伊勢原うまいものセレクト」の創設について
    「日本遺産」のブランド力を生かし、産業振興とシティプロモーションを進めるため、市内の特産品や土産物、伝統工芸をアピールする新たなブランド「日本遺産のまち 伊勢原うまいものセレクト」制度を立ち上げることとしました。日本遺産の名の下、市観光協会の推奨観光みやげ品と魅力的な地元の農畜産物を一元化し、伊勢原の「美味なもの」「巧みなもの」を「うまいもの」として、統一的に発信していくものです。今般、46事業者の商品を選定しました。この取組により、特産品等の販売促進に資するととともに品質の維持向上を図り、観光、商工業、農畜産業等の発展に寄与することを狙いとしています。また、商品の販売宣伝を通じて、日本遺産のまち伊勢原を広く市内外にプロモーションしていきたいと考えています。推進組織として、市観光協会を事務局、商工観光課と農業振興課が主管となって協力していきます。ロゴマークのデザインは資料記載のとおりです。来月からは市内外のイベント等に出店し、選定品の販売や宣伝を開始します。今後、推進母体として日本遺産のまち 伊勢原うまいものセレクト推進委員会の発足を予定するとともに、常設の販売場所やウェブサイトでの販路についても検討を進めます。本制度の活用により、一層の産業振興を図り、伊勢原の魅力を全国に向けて発信していきたいと考えています。
     
  3. 市内一斉総合防災訓練の実施について                              
    大阪北部地震、西日本豪雨、相次ぐ台風の到来と、甚大な被害をもたらす自然災害が多発しています。市では8月26日(日曜日)、26機関が参加し、首都直下地震の発生を想定した市内一斉総合防災訓練を実施します。市の初動対応力を高めるため、全職員を対象とした安否確認メールの配信訓練を皮切りに15箇所の広域避難所を開設し、地域住民、防災関係機関と連携した避難所の開設・運営訓練を行います。各訓練会場では、防災リーダーを中心に特設公衆電話などの資機材取扱訓練のほか、プラスワン訓練として、救助犬訓練、ライフライン対策訓練など、避難所ごとに防災関係機関との連携訓練も行います。大阪北部地震を教訓に、地震発生時の安全確保や情報の受伝達、共助の強化を図るため、各家の玄関先にタオルをかけ、ご近所同士で安否確認をし合う避難支援訓練を実施します。避難経路の安全確認なども重点的に取り組んでいただきます。受援体制を整備するため、9月9日(日曜日)に、市民文化会館で災害ボランティア支援センター設置・運営訓練も予定しています。総合防災訓練を通じて、地域住民、防災関係機関、行政間の連携を強化し、地域の防災力の向上を図って行きたいと考えています。
     
  4. 第51回伊勢原観光道灌まつりの開催について
    文武両道の鑑、太田道灌公を偲んで開催する今年の観光道灌まつりは10月13日(土曜日)・14日(日曜日)の2日間、開催します。当日は、儀式行事、行列パレード、市民参加行事など多数の催しを予定しており、昨年に続き日向薬師の伝統神事である神木のぼりが、おまつり広場特設ステージで披露されます。まつりのハイライト、太田道灌公鷹狩り行列と北条政子日向薬師参詣行列の配役については、道灌公役に芸人の千原せいじさん、政子役には同じく芸人の山崎静代さんを起用します。芸能人の選定は、明日の道灌まつり実行委員会で最終決定します。報道については、実行委員会終了後に解禁とさせていただきます。ご配慮いただきますようお願いします。道灌まつりは、市民のまつりとして定着しています。伊勢原の地元力を最大限に生かし、一層の経済効果とまちの活性化に繋がることを期待しています。昨年は2日間で延べ21万人の来訪者がありました。今年はそれを上回る多くの皆様のご来場をお待ちしております。
     
  5. ニッポンたからものプロジェクト「日本遺産×LiveArt」伊勢原公演の開催について
    ニッポンたからものプロジェクトは、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、固有の郷土文化である日本遺産と多彩な郷土芸能をライブで結び、地域の宝である歴史・文化に新たな光を当てる、文化庁主催の特別公演です。このほど、平成30年度の公演会場として当市が選ばれましたので、秋季例大祭に合わせて日本遺産「大山詣り」と、倭舞などの郷土芸能を掛け合わせた文化イベントを計画しています。8月28日(火曜日)午後6時から、大山阿夫利神社社務局で開催します。司会を務める「旅人」にタレントのセイン・カミュさんをお迎えし、大山阿夫利神社権禰宜の目黒久仁彦さん、大山道まちづくりサミットにもご参加いただいた山岳遍路家の廣田祐介さんが日本遺産をテーマにしたトークを行います。また、地域芸能として、倭舞のほか、能楽社保存会による狂言や仕舞の披露、プロによる日本舞踊と長唄の実演を予定しています。当日は、大山のハイキングガイドや公演終了後の交流会、みこし担ぎ、宿坊への宿泊案内などの企画も用意しています。

6、7は、広報戦略課長から説明

お問い合わせ

企画部 広報戦略課広報プロモーション係
住所:伊勢原市田中348番地
TEL:0463-94-4864
FAX:0463-93-2689

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る