写真日記 平成30年11月

公開日 2018年11月09日

更新日 2018年11月28日

過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

平成30年11月

11月23日(金曜日)防災講演会

防災講演会1 防災講演会2

災害時の相互応援協定都市であり、7月豪雨で甚大な被害を受けた岡山県総社市の片岡聡一市長を講師にお迎えし、防災講演会を開催しました。

「大災害は市役所の実力テスト」と題したお話は、実体験を踏まえたものであり、私にとっても災害時における決断力とリーダーシップの重要性を再認識させるものでした。市民の生命・財産を守るため、これからも災害対応に全力を尽くしてまいります。

11月11日(日曜日)楽天会記念式典での寄贈式

楽天会記念式典での寄贈式

市内最大の親睦団体・楽天会の創立40周年記念式典が盛大に開かれ、その席上で、市民ファンドへの寄付をいただきました。

楽天会は長年、ボランティア活動やイベント参加などを通じて、地域おこしに貢献していただいています。寄付金はご意向に基づき、市民の安全・安心を確保するため、防犯カメラの設置費用に活用させていただきます。

11月8日(木曜日)国道246号バイパス建設促進の要望活動

国道246号バイパス建設促進の要望活動1 国道246号バイパス建設促進の要望活動2

国道246号バイパスの全線事業化と早期開通に向けて、厚木市長、秦野市長、中井町長とともに、麻生財務大臣らに関係省庁や県を訪ね、建設促進を要望しました。

国道246号バイパスは、厚木市中依知と秦野市八沢を結ぶ延長約29.1キロメートルの自動車専用道路です。国道246号の慢性渋滞を解消し、大規模災害時の緊急輸送ルートとして、また、地域経済に活力をもたらす観光・産業道路として大変重要な道路であり、今後も早期建設を求めてまいります。

11月5日(月曜日)伊勢原駅北口暫定バス乗降場等の利用開始

伊勢原駅北口暫定バス乗降場等の利用開始1 伊勢原駅北口暫定バス乗降場等の利用開始2

伊勢原駅北口周辺において、地権者のご協力をいただいて取得した道路用地を有効に活用するために8月から整備工事を行っていた「暫定バス乗降場」と「暫定タクシー待機場」が完成し、本日から利用を開始しました。

暫定バス乗降場は、バスの降車場と乗車場、バスの転回待機スペースとしています。タクシー待機場については、5台分程度のスペースを確保しています。これらの取組により、駅前の交通環境が段階的に改善していくことを期待しています。

11月3日(土曜日)日本スリーデーマーチの出発式

日本スリーデーマーチの出発式

 災害時相互応援協定を結ぶ埼玉県東松山市が誇る国際ウォーキング大会「日本スリーデーマーチ」の出発式に参加しました。同行した本市職員ら約40名は、武蔵野の面影の残る比企丘陵で思い思いにウォーキングを楽しみました。

本市と東松山市は圏央道でわずか1時間半の距離ですが、新東名が開通すればさらに短縮されます。今後も様々な分野で交流を深めてまいりたいと思います。

このページの
先頭へ戻る