写真日記 令和3年6月

公開日 2021年06月01日

更新日 2021年06月28日

 過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

令和3年6月

6月22日(火曜日) 伊勢原中央ロータリークラブから雑誌などの寄贈

伊勢原中央ロータリークラブ寄贈

伊勢原中央ロータリークラブから図書館に対し、雑誌『世界』と非接触式温度計、フェイスシールド、マスクなどの新型コロナウイルス感染症対策物品をご寄贈いただきました。
 同クラブには平成20年から毎年、さまざまな物品を図書館にご寄贈いただいており、深く感謝申し上げます。
 いただいた物品は、読み聞かせボランティアの活動時や、館内での感染症対策に活用させていただきます。

6月10日(木曜日)熊本県宇土市に派遣している職員が一時帰庁報告

派遣職員帰庁報告

災害時の相互応援協定を締結している熊本県宇土市に、令和2年10月から派遣している市職員が一時帰庁しました。
 宇土市は平成28年4月の熊本地震、令和2年7月の豪雨によって市内全域が大きな被害を受けました。現在もなお、復旧・復興に向けた活動が行われており、本市からは宇土市役所新庁舎建設支援のため職員1人を派遣しています。
 被災状況や復興状況、また地震や風水害の被害を軽減するため、新庁舎建設時に重要視されている点などについて職員から報告を受けました。
 同職員には令和4年3月末まで従事してもらいますが、引き続き体に気を付けて復興支援に尽力いただき、多くの経験を本市に持ち帰ってくれることを期待しています。
 

6月1日(火曜日)市制50周年記念オリジナルフレーム切手完成の報告

集合写真記念切手写真

日本郵便株式会社南関東支社が、本市の市制施行50周年を記念したオリジナルフレーム切手を作成し、その完成報告に来られました。
 同社には、平成28年に「大山詣り」のストーリーが日本遺産に登録された際や、平成25年に市公式イメージキャラクター クルリンが誕生した際など節目節目を祝う記念切手を作っていただいており、誠に感謝しています。
 今回の記念フレーム切手は、市内の50年前の様子と現在の様子を対比で振り返るとともに、地域に根付く四季折々の風景や行事を紹介しています。ぜひ多くの方にご購入いただき、切手を通じて本市の名所や移り変わりをお楽しみいただければと思います。

このページの
先頭へ戻る