写真日記 令和4年1月

公開日 2022年01月01日

更新日 2022年01月27日

 過去の写真日記については、過去の写真日記をご覧ください。

令和4年1月

1月24日(月曜日)NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと災害時協定を締結

令和4年1月24日災害時協定を締結1 令和4年1月24日災害時協定を締結2

NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと「災害時における無人航空機(ドローン)による支援活動等に関する協定」を締結しました。
 大規模災害時に、同法人からドローンと操縦士を派遣していただき、上空から撮影した写真をパソコン上の地図にマッピングすることにより、市内の被害状況を迅速に把握することにつなげる内容です。
 地震や風水害などの大規模な自然災害が毎年のように発生する近年は、災害が発生する前にこうした協力体制を築くことが非常に重要だと考えます。本市は恵まれた立地にあることから、災害に見舞われることが比較的少ない地域ではありました。しかそれは、いざという時のノウハウが少ないことも意味しています。
 今回被災地での活動経験が豊富な同法人と協定を締結できたことは非常に心強く思います。綿密な連携を図り、有事の際への体制強化に取り組んでまいります。

1月10日(月曜日)令和4年成人式

令和4年1月10日令和4年成人式

伊勢原市で成人を迎えられた1019名の皆さま、そしてご家族・関係者の皆さま、まことにおめでとうございます。
 今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2部制での開催、そしてご来場できない方のためにオンライン配信を行いました。
 皆さんが生まれた20年前は東京ディズニーシーやユニバーサルスタジオジャパンの開業、また新たな技術として、ICカードSuicaが導入された年でもありました。当時は真新しいものが現在では日本の文化や風土に馴染み、生活の一部になっています。
 20年を経て、成人・社会の一員として新たな一歩を踏み出された心境はいかがでしょうか。昨今のコロナ禍による社会情勢により、未来に不安を覚えている方も多いかもしれません。しかしこのような情勢だからこそ、若い力で時代を切り拓き、現状を打破していただきたいと願っています。逆境に負けないよう、大きな夢と希望を持ってください。今後幾多の試練が待ち受けていると思いますが、決して臆することなく、それぞれの夢と希望に向かって大いに活躍されることを期待します。

1月9日(日曜日)令和4年新春市民の集い

令和4年1月9日新春市民の集い 

市民の皆さまと共に新春の門出を祝う、新春市民の集いを開催しました。
 春と秋の叙勲および褒章受章者をご紹介させていただくとともに、今年は皆さまと一緒にお祝いができ、うれしく思います。また受章されました方々におかれましては、そのご功績に心から敬意を表します。おめでとうございました。
 昨年、本市は市制施行50周年の節目を迎えました。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、さまざまなイベント等が中止となりましたが、医師会や関係機関のご協力の下、希望する市民に対し速やかなワクチン接種を行うことができました。
 今年は日常を取り戻し、新たな時代に向けた礎を築く年となることを願います。伊勢原・大山インターチェンジ周辺における新たな産業用地の創出や伊勢原駅北口の再開発など、重要プロジェクトを着実に進め、本市の成長につながる「種」をしっかりと育み、やがて大樹へと成長できるよう取り組んでまいります。

1月9日(日曜日)消防出初式

令和4年1月9日消防出初式 令和4年1月9日消防出初式2

消防署・消防団による消防出初式を、総合運動公園自由広場で2年ぶりに開催しました。
 消防に対する認識と信頼を深めるために実施しているもので、長年消防活動にご尽力いただいた方々をたたえる功績表彰のほか、車両観覧や消防演技の披露を行いました。
 昨年は7月の記録的な大雨により、熱海市伊豆山地区において大規模な土砂災害が発生し、尊い人命が失われました。これに対応するため、10都県から約900隊、7900人が緊急消防援助隊として派遣され、本市からも隊員を派遣しました。
 このような災害はいつ、どこで起きても不思議ではありません。市民の皆さまの生命・身体・財産を守るため、引き続き、防災対策に全力で取り組む所存です。

1月1日(土曜日)年頭所感

令和4年1月1日年頭所感 

皆さまにおかれましては、健やかに新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。
 今年は、市制施行51年目の新たな一歩を踏み出す年です。寅年のごとく「勇猛果敢」に全力で取り組み、皆さんと共にコロナ禍を乗り越え、安全・安心な市民生活と、停滞する地域経済の回復、そして多くの方が訪れ、暮らしやすい、働きやすい、活気ある「しあわせ創造都市 いせはら」を目指してまいります。
 本年が皆さまにとって素晴らしい一年でありますよう、祈念いたします。

このページの
先頭へ戻る