大山菜の漬け込みが始まりました

公開日 2014年12月04日

収穫された大山菜を丁寧に水洗い
収穫された大山菜を丁寧に水洗い
漬け込みを待つ大山菜
漬け込みを待つ大山菜
しっかり塩でもんで、おいしい大山菜漬けに
しっかり塩でもんで、おいしい大山菜漬けに
重しを使って、しっかり漬け込み
重しを使って、しっかり漬け込み

伊勢原の地域特性を活かした伝統野菜、大山菜の漬け込み作業が始まりました。

大山山麓の清涼な気候と排水良好な土壌で栽培される大山菜は、特有の辛みがありますが、単なる塩漬けでは辛みが出ず、塩でもんで刺激を与えることで風味良く漬かります。

今年は、天候に恵まれ生育も順調とのことです。今回つけ込んだものは、週末から直売所に並ぶそうです。

手作業で1つずつ塩漬けされた、ふるさとの味「おおやま菜漬」は、2月下旬頃までJA大山農産物直売所をはじめ、市内JA直売所で販売されます。

このページの
先頭へ戻る