新東名伊勢原ジャンクション(仮称) 夜間橋梁架設工事

公開日 2014年12月08日

12月6日(土曜日)深夜、新東名高速道路の伊勢原ジャンクション(仮称)の建設工事の一環として、橋梁架設工事が行われました。

この工事により、東名高速道路(上り線)から新東名高速道路(上り線)に向かうランプ橋が、東名高速道路上に架設されました。

現場では、国内最大級のクローラクレーン(1250トン)による作業が進められ、橋長約93メートル、幅員7メートル、架設重量約450トンの橋梁が無事架設されました。

周辺は、暗闇の中、灯りに照らされたクレーンや橋梁が浮かびあがり、幻想的な光景となりました。

当日は、大変厳しい寒さにもかかわらず、めったに見ることができない光景を一目見ようと、工事関係者だけでなく、一般の見学者の皆さんも大勢集まっていました。

多くの工事関係者の皆さんが集まりました
多くの工事関係者の皆さんが集まりました
国内最大級のクローラクレーンは迫力があります
国内最大級のクローラクレーンは迫力があります
いよいよ東名高速道路の上を通過します
いよいよ東名高速道路の上を通過します
東名高速道路上から関係者が見守ります
東名高速道路上から関係者が見守ります
橋梁の灯りと東名高速道路の灯りが幻想的です
橋梁の灯りと東名高速道路の灯りが幻想的です
作業も終盤です
作業も終盤です
橋脚の上での作業も進みます
橋脚の上での作業も進みます
無事架橋が完了しました
無事架橋が完了しました
このページの
先頭へ戻る