ゴールデンウィーク中は楽しいイベントが盛りだくさんでした

公開日 2015年05月07日

子ども科学館フェスティバル

まが玉づくりに挑戦しました
まが玉づくりに挑戦しました
プラネタリウムもたくさんの家族連れで賑わいました
プラネタリウムもたくさんの家族連れで賑わいました
市内の中学生と一緒にシャボン玉を楽しみました
市内の中学生と一緒にシャボン玉を楽しみました
館内には大きなこいのぼりが飾られました
館内には大きなこいのぼりが飾られました
実験ワゴンもたくさん出動しました
実験ワゴンもたくさん出動しました
みんなで一緒に実験しました
みんなで一緒に実験しました
東海大学の学生さんと一緒に分光器を作りました
東海大学の学生さんと一緒に分光器を作りました
展示室もいつも以上に子どもたちで賑わいました
展示室もいつも以上に子どもたちで賑わいました

いせはら人形劇まつリン

人形劇が上演されました
人形劇が上演されました
布のおもちゃで子どもたちが楽しそうに遊んでいました
布のおもちゃで子どもたちが楽しそうに遊んでいました

(撮影:市民広報カメラマン福岡博さん)

5月3日からの連休中は、子ども科学館や市民文化会館でさまざまな催しものが開催されました。

3日~5日まで、子ども科学館では「子ども科学館フェスティバル」が開催しました。普段行っている教室に加え、プラネタリウムの特別投影や大学・企業が行う特別な工作・実験教室、スペシャルサイエンスショーなどイベントが盛りだくさんでした。たくさんの家族連れの皆さんが、不思議な実験や楽しい工作を楽しんでいました。

市民文化会館では、5日のこどもの日に「いせはら人形劇まつリン」を開催しました。小ホールでは各団体の皆さんによる人形劇が6公演行われました。どのお話しも大人も子どもも楽しめる内容で、ホールは笑い声と歓声に包まれました。また、展示室では布のおもちゃを使って遊べるスペースが設けられ小さな子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

このページの
先頭へ戻る