大山ケーブルカー旧車両の搬出が行われました

公開日 2015年06月25日

搬出入作業のために仮説構台が設けられました
搬出入作業のために仮説構台が設けられました
ホバリング中にスピーディに作業が進められました
ホバリング中にスピーディに作業が進められました
車体が浮き上がり始めました
車体が浮き上がり始めました
ヘリコプターに吊られ、このまま搬出されました
ヘリコプターに吊られ、このまま搬出されました

大山ケーブルカー駅から阿夫利神社駅を結ぶ全長800メートルを約50年に渡り走り続けてきた大山ケーブルカーが、新型車両導入のため大型ヘリコプターにより空を飛んで搬出されました。

5月17日に引退した旧型車両、緑色の車体の「おおやま号」が6月11日朝に、赤色の「たんざわ号」が24日の朝にそれぞれ搬送されました。午前8時ごろ、大山ケーブル駅に大型ヘリコプターが飛来し、ホバリング中の約2分間で約10メートルの車体をワイヤーにつなげた後、車体を持ち上げ、ぶら下げたまま秦野市菩提のヘリポートに向けて飛び立ちました。

大山ケーブルカーは新型車両の導入にあわせた設備の改修のため、9月末まで運休します。 

このページの
先頭へ戻る