大山菜の漬け込みが始まりました

公開日 2015年12月14日

収穫された大山菜は加工所で漬け込まれます
収穫された大山菜は加工所で漬け込まれます
今年は大きく育ちました
今年は大きく育ちました
丁寧に下ごしらえをします
丁寧に下ごしらえをします
一株一株汚れを落とします
一株一株汚れを落とします
塩を揉み込んで漬け込んでいきます
塩を揉み込んで漬け込んでいきます
漬け込みは年明けまで続きます
漬け込みは年明けまで続きます

14日(月曜日)、大山地区にある加工所で、大山菜の漬け込み作業が始まりました。

大山菜は伊勢原の地域特性を活かした伝統野菜で、5人の農家さんが栽培をしています。大山菜漬は、塩をもみこんで生まれる特有の辛みを楽しむ漬け物です。

手作業で1つずつ塩漬けされた、ふるさとの味「おおやま菜漬」は、2月下旬頃までJA大山農産物直売所をはじめ、市内JA直売所で販売されます。

このページの
先頭へ戻る