師走大祓が行われました

公開日 2015年12月28日

神職と参列者で大祓詞を読みました
神職と参列者で大祓詞を読みました
茅の輪の前に並びます
茅の輪の前に並びます
神職を先頭にくぐります
神職を先頭にくぐります
参列者もつづきました
参列者もつづきました

28日(月曜日)、大山阿夫利神社下社にて半年間の罪や穢れを祓い清める「師走大祓」が行われました。大祓は、6月の「夏越大祓」と合わせて年2回あり、全国の神社で行われています。

参列者が神職に続き大祓詞を読み、切麻を自分の身に撒いて清め、人形に息を吹きかけ、体の弱い部分を人形で撫でて罪や穢れを移します。その後、境内に設けられた「茅の輪」をくぐり、新年から明るく清らかな生活ができるようお祈りします。

新年を新しい気持ちで迎えようと、大勢の人で賑わいました。

このページの
先頭へ戻る