筒粥神事が行われました

公開日 2016年01月07日

ph1
古式に則り、粥を炊きあげます
粥が神前へとあげられます
粥が神前へとあげられます
いよいよ占いが始まります
いよいよ占いが始まります
厳かな空気の中神事は進みます
厳かな空気の中、神事は進みます
神職が米をかぞえます
神職が米をかぞえます
結果を書き記していきます
結果を書き記していきます

7日(木曜日)、大山阿夫利神社下社で筒粥神事が行われました。

筒粥神事は伝統的な神事の一つで、150年以上前の江戸時代から続いています。古式にのっとり、神官が釜で炊いた粥を竹筒ですくい、今年も、五穀、養蚕など18品種の農作物の豊凶や気象などが占われました。

神事の結果、「穏やかでめりはりのある年になる」とのことでした。

神社には、農業・漁業関係者、建設業者の他に、一般の参拝客も多く訪れ、宮司の言葉の一つ一つを真剣な表情で聞き入っていました。 
 

このページの
先頭へ戻る