初薬師が行われました

公開日 2016年01月08日

ph1
役員の皆さんが粥を炊きます
春の七草“セリ”を加えます
春の七草“セリ”を加えます
まもなく完成
まもなく完成
参拝客に振る舞われました
参拝客に振る舞われました
手作りの漬け物が添えられた薬師粥
手作りの漬け物が添えられた薬師粥
境内には長い列ができました
境内には長い列ができました
粥をいただき、1年間の無病息災と身体健全を祈念します
粥をいただき、1年間の無病息災と身体健全を祈念します

日向宝城坊で8日(金曜日)、「初薬師」が行われ、多くの参拝者で賑わいました。薬師堂(本堂)が再建中のため、宝物殿で参拝者の無病息災と身体健全が祈願されました。

宝物殿ではこの日、年5日しか公開されない国指定重要文化財であるご本尊の開帳をはじめ、数々の貴重な文化財を拝観することができました。

境内では、大根やセリがふんだんに入った「薬師粥」と呼ばれる七草がゆが参拝者に振るまわれ、身も心も温まりました。

旅行会社のバスツアーで訪れた、都内に住む60代の女性は、「参道を登るのが大変だったが、来た甲斐があった。本堂が完成したらまた来てみたい」と話してくれました。

今年秋には、7年にわたる「平成の大修理」が完成し、薬師堂(本堂)が生まれ変わります。

このページの
先頭へ戻る