第29回考古資料展を開催しています

公開日 2016年02月08日

12日(金曜日)から14日(日曜日)まで、伊勢原市立中央公民館で考古資料展が開催されています。

中央公民館まつりに合わせて行われるもので、新東名高速道路建設事業に先立ち、昨年市内で行われた発掘調査の成果を中心に、出土資料や写真パネルが展示されています。

展示を見に訪れていた市内在住の宮原あやみさんは、「市の職員が丁寧に解説してくれるのが良かった。このような場で理解を深めることで、自分たちの地域の魅力を再発見できた」と満足そうな様子でした。

市の担当者は、「子易・大坪遺跡では大規模な墓群が発見された。これだけ大きいものは全国的にも珍しいので、ぜひ多くの人に見てほしい」と呼びかけていました。

考古資料展の様子1
皆さん熱心に見入っていました
考古資料展の様子2
旧石器時代~近世の多くの出土資料が展示されています
考古資料展の様子3
担当職員が丁寧に解説します
考古資料展の様子4
様々な形の土器が一堂に会します
このページの
先頭へ戻る