日向薬師・宝城坊本堂見学会が開催されました

公開日 2016年03月07日

日向薬師・宝城坊で6日(日曜日)、本堂(薬師堂)「平成の大修理」の見学会が行われました。

この日は、素屋根解体前の最後の見学会とあって、事前申し込みをされた200人の歴史・寺社ファンが詰めかけ、4回に分けての見学が行われました。見学者の皆さんは、地上7メートルの高さに設けられた足場にのぼり、葺き替えられた茅葺き屋根を間近に見たり、軒下の彫刻を撮影したり、記念撮影をしたりと、思い思いの時間を楽しんでいました。工事関係者や歴史解説アドバイザーなどから詳しい説明を受け、さらに関心と理解と深めることができた様子でした。

市ホームページをみて参加したという市外の方も多く、藤沢市から両親と一緒に見学した4年生の男子児童は「すごくきれいになってびっくりした。(彫刻の)獅子や龍、象もいておもしろかった。できあがったらまた来たい」と嬉しそうに話してくれました。

来月から3カ月かけて足場などが解体され、73カ月間かけて行われた、270年振りの「平成の大修理」は今年11月、いよいよ竣工を迎えます。

写真パネルで説明を受けました
写真パネルで説明を受けました
(撮影:市民広報カメラマン菊地洋子さん)
鮮やかに塗り上げられた外陣
鮮やかに塗り上げられた外陣
 
屋根の周りを一周できました
屋根の周りを一周できました
(撮影:市民広報カメラマン菊地洋子さん)
迫力の萱葺き屋根
迫力の萱葺き屋根
 
足場の上から鑑賞
足場の上から鑑賞
(撮影:市民広報カメラマン菊地洋子さん)
あっ 中に何かいる!
あっ 中に何かいる!
 
軒下の像と獅子の彫刻
軒下の像と獅子の彫刻
地上7メートルの足場に設けられた工場
地上7メートルの足場に設けられた作業場
宮大工の貴重な装具も展示
宮大工の貴重な道具も展示
工事関係者による萱の説明
工事関係者による萱の説明
このページの
先頭へ戻る