伊勢原駅で熊本地震の街頭募金を行いました

公開日 2016年04月20日

50人以上が集まりました
急な開催決定にも関わらず、50人以上が集まりました
南口でも行いました
南口でも行いました
たくさんの善意が寄せられました
たくさんの善意が寄せられました
多くの人が足を止めてくれました
多くの人が足を止めてくれました
 

伊勢原駅で4月20日(水曜日)、市社会福祉協議会が中心となり、熊本地震の被災者を支援するため、街頭募金活動を行いました。

いせはら災害ボランティアネットワークの会員や東海大学伊勢原キャンパスの学生、市職員ら約50人が、北口と南口に分かれて登山客や主婦、学生などに募金を呼びかけました。

市社会福祉協議会の宮川進会長は「地震発生から1週間が経過したが、未だに家に帰れない人が多くいる。被災地のため、少しでも伊勢原でお手伝いができれば」と話してくれました。

街頭募金は、4月22日(金曜日)午後4時~7時にも行われます。皆さんのご協力をお願いします。

このページの
先頭へ戻る