三之宮比々多神社春季例大祭が開催されました

公開日 2016年04月26日

神輿が神社を出発しました
神輿が神社を出発しました
氏子青年の勇壮な掛け声が響き渡ります
氏子青年の勇壮な掛け声が響き渡ります
子どもたちは模擬店に大喜び
子どもたちは模擬店に大喜び
長い行列になって神社へ帰ります
長い行列になって神社へ帰ります
お囃子にも熱が入ります
お囃子にも熱が入ります
境内に高さ約7mの山車が並びました
境内に高さ約7mの山車3基が並びました
 

三之宮比々多神社で4月22日(金曜日)、春季例大祭が開催されました。

この行事は飛鳥時代の672年に端を発する伝統あるおまつりで、かながわのまつり100選にも選ばれています。

午後1時ごろ勇壮な掛け声とともに神社を出発した神輿は氏子区域を練り歩き、加藤清正・熊谷次郎直実・先代萩の男之助のカラクリ人形が載った山車3基と合流し、大きな行列となって午後5時ごろ神社へ帰っていきました。最後は境内でちまき行事が行われ、集まった人たちは撒かれた餅を手にしようと、我先にと手を伸ばしていました。

今年初めて来たという市内池端在住の女性は「市観光協会の景観カレンダーで行事を知り、見てみたいと思っていました。とても盛大で驚きました。模擬店も賑やかで楽しかったです。これから毎年行きたいと思います」と話してくれました。

三之宮比々多神社では、5月21日(土曜日)・22日(日曜日)に「まが玉祭」が開催されます。こちらもぜひお越しください。

このページの
先頭へ戻る