新採用職員が鈴川の清掃を行いました

公開日 2016年04月27日

草をかき分けてごみを探します
草をかき分けてごみを探します
たくさんのごみが見つかりました
たくさんのごみが見つかりました
 

4月27日(水曜日)、今年4月に採用された市職員14人が、研修の一環として鈴川の清掃作業を行いました。

この研修は、現場での実習を通して職員としての使命感や責任感を養い、地域に愛着をもってもらうことを目的として、平成26年度から行われています。

集まった職員は3つのグループに分かれ、市長らとともに軍手やごみ袋などを持ち、1m以上の高さまで伸びた草をかき分けながら、懸命にごみを拾いました。

研修に参加した商工観光振興課の髙梨はる菜さん(24)は「みんなで頑張って掃除した場所がきれいになると、気分がいいです。先日認定された"日本遺産"の名に恥じない、きれいなまちにしたいです」と話しました。

この日は環境美化センター周辺からアクアクリーンセンター周辺までの1.2kmを清掃し、ごみ袋40袋分のごみが集まりました。

このページの
先頭へ戻る