白金公園で花苗の植栽が行われました

公開日 2016年07月12日

白金公園1
みんな一生懸命です
白金公園2
たくさんお水を飲んできれいに咲いてね
白金公園3
植え方がわからない児童には
職員が丁寧に教えました
白金公園4
「水をあげたい人」「はいっ、はい!」
先生の呼びかけに子どもたちの元気な声がひびきます
 

7月8日(金曜日)、白金公園(下糟屋)で市立成瀬小学校の2年生約120人が花壇に花苗の植栽を行いました。

蒸し暑さにも負けず、「これどうやるの?」「白よりピンクの花がいい!」といった児童たちの元気な声で公園は賑わっていました。

白金公園は平成27年11月にオープンした市内で最も新しい街区公園です。

この事業は市が推進する「花いっぱい運動」の一環として企画されたイベントで、伊勢原市みどりのまち振興財団が用意したサルビアやマリーゴールドなどの色とりどりの花苗約200株が児童たちの手で植えられました。

今回植えた花は9月ごろまで楽しめるそうです。

このページの
先頭へ戻る