リオ五輪 PVで塩浦選手に応援を!

公開日 2016年08月09日

塩浦選手PV1
日本新で予選通過!自治会長さんの熱い説明です
塩浦選手PV2
画面に塩浦選手が登場すると会場もヒートアップ!
塩浦選手PV3
行けー!
 
塩浦選手PV4
みんなで大声援を送りました
 

伊勢原市出身で、リオデジャネイロ五輪・競泳男子400メートルリレーに出場した塩浦慎理選手を応援しようと、比々多公民館で8日、パブリックビューイングが開かれました。

塩浦選手の地元、比々多地区自治会連合会と体力づくり振興会が主催したもので、室内に150インチの大型スクリーンを設置。住民や同級生、市関係者など、約40人が集まり、顔に日の丸のシールを貼ったり、バルーンやうちわを手に熱い声援を送りました。

予選では3分14秒17の日本新記録をマークし、同種目でメキシコ大会以来となる48年ぶりの決勝進出を果たしました。決勝で塩浦選手は第2泳者として出場。会場は、一気にボルテージが高まりました。結果は8位に終わりましたが、今回の健闘は、日本の競泳史に大きな足跡を残しました。

パブリックビューイングは、塩浦選手が出場予定の10日(水曜日)~14日(日曜日)にも開かれます。地球の裏側でメダルに挑む塩浦選手に一緒に声援を送りましょう。

このページの
先頭へ戻る