「子ども粘土教室~NTC School~」を開催しました

公開日 2016年08月25日

スタッフさんから車ができるまでの話しを聞きました
スタッフさんから車ができるまでの話しを聞きました
車の写真を見ながら成型します
車の写真を見ながら成型します
好きな色に着色した粘土で仕上げます
好きな色に着色しました
ph14
スタッフさんのアドバイスでカッコよく仕上げ

8月24日(水曜日)、高部屋公民館で「子ども粘土教室~NTC School~」を開催しました。

この教室は、紙粘土でミニチュア版の車を作成する作業を体験するもので、自動車制作工程の一つです。日産テクニカルセンタークレイモデラー5名が講師となって開催され、夏休み中の子どもたち19人が参加しました。

子どもたちは、スポーツカーやワンボックスカーなど作りたいタイプの車の写真を見ながら、真っ白な紙粘土でボディやタイヤを成型。「うちの車と同じなの」「格好いい車を作りたいんだ」と意気込んで作業に取りかかりました。

最後に思い思いの色に着色して終了。「タイヤの部分が難しかったけど、教えてもらってちゃんと作れた」「車も粘土も大好き。家では作れない車が出来て楽しかった」と完成した車を大事そうにカバンに入れていました。

サポートをしてくれたスタッフの皆さんは、「普段はデスクワークが中心なので、このようなイベントは楽しい。時に子どもたちの発想に刺激を受けることもあります」とのこと。今回の教室から、未来のクレイモデラーが生まれるかもしれません。

このページの
先頭へ戻る