ファミリー朝ごはんコンテストを開催しました

公開日 2016年10月28日

親子で協力して調理
親子で協力して調理
調理の様子も鋭く審査
調理の様子も鋭く審査
1時間で8人前は簡単メニューでもちょっと大変
1時間で8人前は簡単メニューでもちょっと大変
審査員を前に緊張しながらメニューをアピール
審査員を前に緊張しながらメニューをアピール
おいしそうに完成
おいしそうに完成
最後はみんなで試食
最後はみんなで試食

「元気に楽しく朝ごはん」をスローガンに、食育の取り組みとして、昨年から始まった「ファミリー朝ごはんコンテスト」。

2回目となる今年は、10月23日(日曜日)に中央公民館で2次審査が行われました。応募総数22件の内、書類審査を通過した4組の親子が、調理と試食による2次審査に挑みました。

神奈川工科大学饗場(あいば)直美教授やJAいせはら竹石兼一企画課長ら8名の審査員が見つめる中、慣れない調理場で8人前を1時間で作るという作業に戸惑いながらも、協力してアイデア満載のおいしそうな朝食メニューを作り上げました。どのメニューも野菜がたっぷりで、成長期の子どもから大人まで満足できる内容となっていました。

審査員からは「やさしい味で食べやすい」「二人で協力している様子が良かった」との感想が寄せられました。饗場審査委員長からは「どこに出しても自慢の朝ごはんだと思います。親子一緒に食事を作って食べることが、子どもの自立にもつながります。これからも続けてください」とのお話がありました。

11月15日(火曜日)に表彰式が行われます。今回の受賞レシピは後日ホームページで発表するほか、各公民館などで配布します。

各賞と受賞メニューは次のとおりです。

  1. 市長賞
    鶴岡未己(大田小6年)・恵美子(母) 献立名:シャキシャキカラフルスープ
  2. クルリン賞
    廻 彩夏(桜台小6年)・陽子(母) 献立名:うどん入り! 和風みるく茶碗蒸し
  3. ナイスコンビネーション賞
    村手理花(大田小6年)・由紀子(母) 献立名:野菜たっぷりおじや
  4. 元気モリモリ賞
    野口陽菜(石田小6年)・野口 歩(母) 献立名:ねばとろどん
このページの
先頭へ戻る