丸山城址公園の新設花壇に地元有志で花植え

公開日 2016年11月24日

全体のバランスを考えながら植栽をしました
全体のバランスを考えながら植栽をしました
ひとつひとつ心を込めて植えました
ひとつひとつ心を込めて植えました
色とりどりの草花で花壇が華やかに
色とりどりの草花で花壇が華やかに
完成した花壇を前に
完成した花壇を前に

11月19日(土曜日)、下糟屋自治会役員ら9名が、丸山城址公園内の通路脇に新設された65平方メートルほどの花壇に、草花を植えました。

植えられたのは、(公財)伊勢原市みどりのまち振興財団から提供された約800株のクリスマスローズや葉ボタン、色とりどりのビオラやパンジー。これから冬場にかけて楽しめる草花です。

自治会長の大木幸男さんは、「毎日、散歩しながら公園のごみ拾いをしている仲間もいます。まず自治会の役員から何か始めようと、公園緑地課の呼びかけに応じました。将来的には、地元全体で公園愛護会として活動していきたい」と話してくれました。

この日、参加した皆さんは、草花のバランスを考えながら、1時間以上にわたって汗を流しました。これからも地域の公園の美化活動にご協力をお願いします。

このページの
先頭へ戻る