クリスマスほしぞらコンサートを開催しました

公開日 2016年12月20日

h2812285
まるで宇宙空間でピアノを弾いているようです
h2812284
みんなで「赤鼻のトナカイ」を合唱しました

12月17日(土曜日)、子ども科学館のプラネタリウムで「クリスマスほしぞらコンサート」を開催しました。

クリスマスシーズンになると開かれる恒例のイベントで、今回は「ジングルベル」や「赤鼻のトナカイ」などの定番曲だけではなく、ビートルズの「LET IT BE」やディズニー映画「アラジン」より「A WHOLE NEW WORLD」なども演奏されました。

スクリーンに映し出された星々がロマンチックなムードを演出し、親子連れやご夫婦で来場された84人は、ピアノの生演奏に合わせて表情を変える宇宙を堪能していました。

さらにクリスマススだけの特別な映像も用意され、雪降る町にやってくるサンタクロースや、空から降ってくるプレゼントが会場を盛り上げました。

「赤鼻のトナカイ」では弾むようななピアノ演奏に合わせてみんなで合唱。曲に合わせて踊り出す子どもいて、「星がきれい」「すごくピアノが上手」と心を躍らせていました。

コンサート終了後、演奏者の小野田賢人さん(スズキ・メソード所属)は「とても緊張しましたが、みなさんに楽しんでもらえるように頑張りました」とほっとした表情を浮かべ、満足げな様子でした。

 

このページの
先頭へ戻る