消防出初式と新春市民の集いを開催しました

公開日 2017年01月12日

消防出初式

市長による車両観閲
市長による車両観閲
自衛消防隊による屋内消火栓操法
自衛消防隊による屋内消火栓操法
全国消防救助技術大会出場隊員による引揚げ救助訓練
全国消防救助技術大会出場隊員による引揚げ救助訓練
要救助者を発見し救助に向かう隊員
要救助者を発見し救助に向かう隊員
はしご車を使った救出訓練
はしご車を使った救出訓練
華やかに8色の放水
華やかに8色の放水
来場者に50周年記念手ぬぐいが配布されました
来場者に50周年記念手ぬぐいが配布されました

新春市民の集い

市民の皆さんと新春をお祝いしました
市民の皆さんと新春をお祝いしました
少年少女音楽祭合唱団が元気いっぱいに歌声を披露
少年少女音楽祭合唱団が元気いっぱいに歌声を披露

市総合運動公園、市体育館で1月8日(日曜日)、「消防出初式」と「新春市民の集い」を開催しました。

今年度、発足50年を迎えた伊勢原消防。出初式式典では、人命救助などの功績をたたえる表彰、永年勤続消防団員の表彰を始め、消防長・消防団長の訓示などが行われました。日ごろの訓練成果を披露する消防演技では、昨年の全国消防救助技術大会で7位に入賞した隊員による引上げ救助訓練が披露され、俊敏な動きで多くの観客を魅了しました。市内事業所の自衛消防隊による屋内消火栓操法、消防団による小型ポンプ操法も行われ、クライマックスの8色の色付き一斉放水が行われると、壮大な光景に観客から感嘆の声が上がりました。

「新春市民の集い」は、伊勢原市少年少女音楽祭合唱団のかわいらしく元気な歌声で開会。その後、昨年の叙勲・褒章受章者13名の紹介が行われ、年長の功績に対して、来場者は大きな拍手で敬意を表しました。髙山市長からは「伊勢原はこれから大きく変わります。先人たちが築いてきた歴史・自然などの資源と新たな魅力を生かし、当市の発展のためしっかりとかじ取りをしていきます」と新年のあいさつがあり、市民や議長、関係機関の皆さんと新たな年の門出をお祝いました。

このページの
先頭へ戻る