東京農大・伊勢原農場で「ホタルのゆうべ」

公開日 2017年06月15日

写真1
農場の設備に子どもたちも興味津々
写真2
色とりどりのミニトマト
写真3
家族みんなで試食
写真4
観察会前にはホタルの解説も
写真5
水辺に見立てたゲージの中を飛ぶホタル
写真8
大人も子どもも夢中で見つめます
写真7
手に乗せて間近で観察
写真8
闇夜に浮かび上がる光跡

市内三ノ宮にある東京農業大学伊勢原農場で6月9日(金曜日)、「ホタルのゆうべ」が開催されました。

同農場では、敷地内を流れる栗原川にホタルを復活させることを目指し、その生育に適した水路づくりを進めており、この活動を通じて身近な里山の素晴らしさを知ってもらいたいと、昨年から地域の住民らを対象にホタルの観察会を行っています。

当日は家族連れを中心に約100人が参加。観察会の前には農場見学の時間が設けられ、水耕栽培の設備などが紹介されました。その後行われた野菜の試食会では、農場で栽培されているさまざまな品種のミニトマトが登場し、皆さん普段見かけない種類を興味深げに食べ比べていました。

メインイベントである観察会は、あたりが暗くなってからスタート。水辺の環境に似せたゲージには数十匹のホタルが放たれ、参加者はカメラで撮影したり、近づいて光を追ったりと、思い思いに観察を楽しんでいました。もう一つのゲージの中では実際にホタルに触ることができ、子どもたちは「くすぐったい」「においがする」と、初めての経験にびっくりした様子でした。

市内在住で、家族4人で参加した川口直美さんは、「以前はこのあたりでもホタルがたくさん飛んでいたが、最近は見られなくなってしまった。下の子はホタルを見るのが初めてなので、こういう機会に体験させてあげられてよかった」と、うれしそうに話していました。

このページの
先頭へ戻る